Perfume、Mayday主催の台湾最大フェスに出演 4年ぶり訪台に現地ファン熱狂

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
4年ぶりに台湾でライブを行ったPerfume

 人気テクノポップユニット・Perfumeが4日、台湾・台北アリーナで行われたロックバンドMayday主催の台湾最大級の音楽フェス『SUPER SLIPPA 9』に出演した。

【ライブ写真】台湾のファンを沸かせたメンバーソロショット

 Perfumeが台湾でライブを行うのは2014年以来4年ぶりとあり、前日にPerfumeが到着した空港ロビーには大勢のファンと現地メディアが集まり、熱烈な歓迎を受けた。

 フェスの会場は国内外のトップアーティストがライブを行う台北アリーナ。ステージ上の特大LEDパネルが開くと、鮮やかなターコイズブルーの衣装でPerfumeがステージに登場した。オープニングで台湾でも人気の「Flash」のイントロが流れると、会場の熱気は一気に急上昇し、そのまま「FAKE IT」「If you wanna」でたたみかけた。

 MCでメンバーは「ダージャーハウ!」(皆さん、こんにちは!)とあいさつし、自己紹介も中国語で披露。その後も、「カイシンマー?」(盛り上がってますか?)、「ジェンジャオシェン」(声出して!)と、この日のために勉強してきた中国語で現地の観客を盛り上げた。

 Perfumeのライブではおなじみの、観客のグループ分けは、台湾といえばの「小・籠・包」に決定。続いて、8月15日発売のニューアルバム『Future Pop』から「TOKYO GIRL」、そして客席に近いステージセンターで「SEVENTH HEAVEN」をパフォーマンスした。

 観客とコール&レスポンスを楽しむP.T.A.のコーナーでは、Maydayの大ヒット曲「Do You Ever Shine?」を会場一体となって大合唱。そして「チョコレイト・ディスコ」「PARTY MAKER」の流れでクライマックスを迎え、最後は「無限未来」でしっとりと締めくくり、「また絶対に来ます!」と約束し、ステージを後にした。

 このライブの模様は『SUPER SLIPPA』のオフィシャルYouTubeでも一部生中継され、全世界のファンに届けられた。Perfume公式インスタグラムには台湾滞在中のオフショットなどがアップされている。