Wink、10年ぶり一夜限り復活の舞台裏「感謝の気持ちを伝えたい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NHK総合『第50回思い出のメロディー』(8月18日放送)で10年ぶりに一夜限りの復活を果たすWink(左から)鈴木早智子、相田翔子(C)NHK

 東京・渋谷のNHKホールで4日夜、18日にNHK総合・ラジオ第1で放送される音楽特番『第50回思い出のメロディー』(後7:30~10:00※ニュース中断あり)の公開収録が行われた。収録も佳境に入ったところで現れたのは、女性2人組ユニットのWink。観覧客には事前に知らせていないサプライズだったため、会場にどよめきが起こり、大きな拍手が広がった。

【写真】「淋しい熱帯魚」などを披露するWink

 相田翔子と鈴木早智子によるWinkは、1988年に結成、シングル「Sugar Baby Love」でデビュー。翌89年、「愛が止まらない ~Turn It Into Love~」の大ヒットでブレイク、同年「淋しい熱帯魚」で日本レコード大賞受賞し、『第40回NHK紅白歌合戦』にも出場。90年代を代表するアイドルとして一世を風靡した。96年に活動休止するが、98年12月に日本レコード大賞40周年記念番組、99年12月に特別番組『超える!テレビ』、2008年12月30日に『第50回輝く!日本レコード大賞』(いずれもTBS)に出演し、今回が4回目の“一夜限り”の復活をとなった。

 「昨年から早智子と30周年の節目の年に、何か二人でできたらいいね、とプライベートで話していた」(相田)ところに、今年に入ってNHKから“夏の紅白”とも呼ばれる同番組からオファーが来た、というのが出演に至ったいきさつ。「淋しい熱帯魚」「愛が止まらない ~Turn It Into Love~」を披露した終演後、相田は「早智子と私、二人でWink。私にとってかけがえのないものです。二人で感謝の思いをお届けできたことが、とにかくうれしいです」と、感無量な様子だった。

 NHKの足立博幸チーフプロデューサーは、「『思い出のメロディー』も今年で50回目という大きな節目。しかも、平成最後ということもあって、どういう50回にするか、真面目に考えて、『名曲でつなぐ、昭和と平成 わたしと明日』をキャッチコピーに、“つながる”をテーマにすることにしました。昭和と平成をつなぐような、昭和にデビューして平成にブレイクした歌手…、Winkだ。しかも彼女たちも30周年。奇跡的なめぐり合わせを感じてオファーしました」と、明かす。

 相田は「出演のお話をいただいて、その瞬間から胸がすごくドキドキして、すぐに早智子と意思を確認し合って、不安な部分も多かったんですが、いろんな思い、感謝の思いを伝えたいと思って出演を決めました」。

 本番に向けては「毎日、連絡を取り合いながら、励まし合いながら準備してきました。緻密にいろいろ計画しました」と相田。「当時と同じ、香瑠鼓(かおるこ)先生に振り付けのチェック、微調整をしていただきました。『紅白』で電飾の衣装を着たことがとても思い出深かったのですが、その時と同じ衣装チームが今の私たちにはどんな衣装がいいか、いろいろ考えてくださって、一(いち)から作ってくださって。ヘアメイクも編曲も当時のまま再現していただき、うれしかったです」。

 当時、無表情パフォーマンスが特徴的だったWinkだったが、この日のステージでは二人とも歌いながらうれしげな表情をしているように見えた。終演後、相田は「ステージに2人で上がった瞬間、Wink時代のことが劇的に思い出されて、感極まってしまったんですが、当時は歌うことで精一杯で余裕がなかったけれど、きょうは感謝の心をこめて丁寧に歌を届けることができたと思います。そのことが私自身もうれしくて、30周年の重みを実感できました」と、にっこり。

 鈴木も「とにかく今は(歌い終えて)ホッとしています。2人で歌うのは20周年の時以来、10年ぶりだったんですけれど、いろんな思いがある中で歌わせていただくことになって。4月にデビュー30周年を迎えて、それは10周年の時とも、20周年の時とも違う、すごく大きな意味合いがあると思っていました。ファンの皆さんにありがとうという気持ちを伝えしたいという思いでいっぱいです」と、話していた。

 今後については、10月にファン向けのトークショーを開催することが決まっており、「内容は早智子とスタッフの皆さんと相談しながら詰めているんですが、応援してくださったファンの前でいままで二人が話せなかったこと、今、話したいこと、なんでもありの楽しい会にしたい」と相田。

 大みそかに同じNHKホールから生放送される『紅白歌合戦』への出場意欲を尋ねると、「年末の『紅白』なんて、言われたら足がガクンと崩れ落ちちゃいそう(笑)。NHKの夏の特番に呼んでいただいたことを感謝して、二人で歌い終えることができたことで精一杯。その先は考えられないです。とにかくきょうが私たちにとって最良の日でした」と相田。鈴木も「とにかく本当にきょう、この日を全力で二人でやりきろうというのが目標だったので、歌い終わったばかっりで、いまは真っ白。次のことは明日以降じゃないと何も考えられない」と、Winkの二人らしい返答だった。