福井照大臣、吉本新喜劇&消費者庁コラボステージに登壇 次回出演へ意気込み

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
吉本新喜劇の舞台に上ったことをよろこぶ福井照大臣(中央)

 吉本新喜劇が消費者庁と初めてコラボレーションする新喜劇『父と息子の絆、騙されたら、いやや~』が8月5日、北海道・札幌市内各所で開催中の『みんわらウィーク2018』(8月1日~8月8日)のイベントとしてサッポロファクトリーホールで上演され、エンディングステージに内閣府特命担当大臣(消費者および食品安全)の福井照氏が登壇した。

【写真】新喜劇エンディングステージで挨拶する福井照大臣とオールキャスト

 本演目は、同庁が運用する消費者ホットライン「188(いやや!)」をテーマにしたオリジナルストーリー。悪徳商法に騙されたときの「188」コールなどが、物語のなかに自然に組み込まれており、観客は新喜劇を楽しみながら、消費者庁のメッセージにも触れていた。

 終演後にすっちー座長に呼び込まれてステージに立った福井大臣は、自身が大阪出身で新喜劇を観て育ったことを明かし、「65歳にして夢の舞台に立てました」と笑顔。さらに、満員となった会場の観客に向けて「日本の消費者行政は世界一です」と胸を張り、悪徳商法にあった際のクーリングオフなど消費者に有意義な情報を届けた。

 この日の演目については「『188』をセリフにうまく入れ込んでいただいたり、ポスターを貼る行為もおもしろいお芝居に組み込まれていて、キャストのみなさん、関係各位に大変感謝しています」と満足した様子を見せ、大臣としてのPR活動に関しては「今日は手応えがありましたが、現在の認知度はまだ6.6%ほど。もっともっと努力を続けていかないといけない。繰り返しが力になります。吉本新喜劇とのコラボもこれからも行っていきたい。次は役として出演して、すっちー座長に叩かれたい(笑)」とリップサービスも交えて意気込みを語った。

 そして、最後に福井大臣は、豪雨災害での被災地で悪徳高額リフォームの被害が発生していることを挙げ、「契約してしまってもクーリングオフできます。まず『188』に電話をください」とメッセージを送った。

 吉本興業ではこれまでにも消費者庁と連携し、4月には「188」認知向上などを目的にする、千鳥・大悟やロバート秋山など人気芸人4人が出演する動画シリーズ「あの人はかく語りき」をYouTubeチャンネルで公開。5月には「消費者志向経営推進組織」が呼びかける「消費者志向経営推進」に賛同した吉本興業は、エンタテインメント企業で初めて「消費者志向自主宣言」を公表。こうした取り組みの一環として今回のコラボレーションが実現した。