【コスプレ ビフォーアフター】介護美容師に9頭身バイオリニスト...、美人レイヤー達の知られざる"素顔"とは?

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
9頭身の美女バイオリニスト・Ayasa(左)/介護美容師レイヤー・かえるちゃん(右)

 世界に誇る日本のポップカルチャーとして、多くのアニメ・漫画ファンに親しまれている「コスプレ」。普段の自分とは異なる"別人に変身できる"点がコスプレイヤーたちを魅了して止まないという。そこで今回、「介護美容師」と「技巧派バイオリニスト」として活動する二人の人気レイヤーに、普段はどんな仕事をしているのか? その知られざる"素顔"を聞いた。

【写真249枚】"9頭身"美女レイヤーの可愛すぎる"素顔" 圧巻"美ボディ"で魅了!

■人気レイヤーが介護美容師に変身?「オシャレ好きの曾祖母を喜ばせたかった」

 普段は介護美容師の仕事をしているという、かえるちゃん。「実は、専門学校に行くまでは学校にも行かず、ずっとギャルをやっていた」と、意外な裏話を披露してくれた。

 介護美容師の仕事をやろうと思ったきっかけは、大好きな曾祖母の入院が関係しているそう。「私の曾祖母はオシャレ好きでしたが、入院してからは『髪が恥ずかしい』とか『髪を切りたい』と言うようになったんです」と当時を振り返る。

 その後、入院先に美容師さんが来て髪をカットしてもらったら、曾祖母がすごく喜んでいて、「こうやって、人に喜ばれる仕事もあるんだ」ということを知り、介護美容師の道を選んだとのこと。

 「認知症の方だと、ちょっと噛みつかれたりする方もいますが、それでも髪を切ると最後に『ありがとう』って言ってくださったり、私を覚えてくれてたりして、それが仕事の励みになっています!」(かえるちゃん)

■9頭身美女レイヤーの本職はバイオリニスト 「アニソンで"自分だけの表現"を確立したい」

 美女バイオリニストとして話題のAyasaさんは、コスプレ演奏家としても人気を博している。小さい頃からアニメ好きだというAyasaさんに、人生を変えた作品を聞いた。

 思い出の作品との出会いは中学2年生だったとAyasaさん。「『ローゼンメイデン』が中2の時にアニメでやっていて、OPがALI PROJECTの楽曲でした。その音楽性と世界観に一気に引き込まれました」と当時を振り返る。その後は、「アニメイトで漫画を買うようになって、一気に"アニメ沼"にハマりました」と苦笑する。

 ただ、中学の時はアニソンをバイオリンで弾こうという考えはなかったそう。「最近、仕事が落ち着いていた時期に『コードギアス』を観て、昔の"アニメ愛"が復活した」とのこと。

「ちょうど動画サイトで"弾いてみた"が流行っていて、みんなと同じことをやっても意味がないと思いました。アニソンをバイオリンで弾く人は少なかったので挑戦することにしました」(Ayasaさん)

 昨今、類まれな美貌とアニソン×バイオリンの音楽性が評価されつつあるAyasaさん。「自分だけの表現方法を確立させたい」と、アニソンバイオリニストとしての目標を語ってくれた。