四国舞台の音楽番組『もっと四国音楽祭』にリトグリ、STU48ら出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
NHKで今秋放送される『もっと四国音楽祭2018』

 NHKが今秋、四国を舞台にした新しい音楽番組『もっと四国音楽祭2018』を放送することが決定した。出演するのはLittle Glee Monster、STU48、島津亜矢、ジャパハリネット、丸山純奈の5組。9月14日に徳島・鳴門市文化会館で公開収録が行われる。

【写真】リトグリ、STU48ら出演者

 番組では音楽の中に四国の魅力を凝縮。歌唱力抜群のLittle Glee Monsterと島津亜矢は、四国とのさまざまなコラボレーションを実現。瀬戸内を拠点に活動するアイドルグループ・STU48は瀬戸内海のアートに触れる旅に出て、絶景映像とともに歌を披露する。

 西日本豪雨で大きな被害を受けた被災地にも歌でエールを送る。愛媛県在住のロックバンド・ジャパハリネットは、被災直後から現地で支援活動を行っている彼らだからこそ発信できるメッセージを歌とともに届ける。

 また、特別企画として、番組が徳島出身のシンガー・ソングライター、アンジェラ・アキに「ふるさと四国のテーマソングを作ってくれませんか?」とオファー。快諾したアンジェラが書き下ろした番組のテーマソングを出演歌手が地元の合唱部とともに初披露する。

 番組は10月5日午後7時30分~8時42分までNHK総合で四国地方向けに放送。BSプレミアムでは全国放送(放送日時未定)される。NHKのサイトでは、8月21日まで観覧募集中。

■「もっと四国音楽祭2018」ホームページ
http://www4.nhk.or.jp/P4965/