津川雅彦さん心不全のため死去 78歳

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
津川雅彦さん (C)ORICON NewS inc.

 映画『マルサの女』などに出演し、監督業も手掛けた俳優の津川雅彦さん(本名・加藤雅彦)さんが4日、心不全のため死去した。78歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、お別れの会を開く予定。

【写真】津川雅彦さん&朝丘雪路さん、娘・真由子との親子3ショット

 津川さんは京都市出身。1956年に『狂った果実』でデビューし、数々の映画、ドラマ、舞台などで活躍。二枚目から悪役まで幅広い演技で存在感を示した。プライベートでは1973年に、女優の朝丘雪路さんと結婚。45年間連れ添い、おしどり夫婦としても知られていた。

 また、“日本映画の祖”とされる映画監督の牧野省三を祖父に持ち、俳優で父の沢村国太郎、母のマキノ智子、兄の長門裕之をはじめ、芸能関一家に生まれ育った。