こじるり&池崎、インクレディブルのヒーロー衣装で“スーパーパワー”さく裂

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
インクレディブルのヒーロー衣装で“スーパーパワー”をさく裂させた(左から)サンシャイン池崎、小島瑠璃子 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの小島瑠璃子とお笑い芸人のサンシャイン池崎が8日、都内で行われた映画『インクレディブル・ファミリー』(公開中)大ヒット御礼舞台あいさつイベントに出席。同作でヒーロー役の吹き替えを担当した2人は、それぞれの役をイメージした衣装で登場。映画さながらのコスプレに客席から「かわいい~!」と声援が飛び、2人は「うれしいです」と満面の笑みを浮かべた。

【全身ショット】役をイメージした衣装で登場したこじるり

 イベントでは、それぞれが演じたヒーローの“スーパーパワー”を駆使して特製のくす玉を割る演出が行われた。池崎が使用するアイテムを折ってしまうというハプニングが起きるも、なんとか成功し「イェーイ!」といつもの雄叫びをあげ、場を切り抜けた。

 きょう、8月8日“パパの日”にちなみ、家族との夏休みの思い出を聞かれた池崎は「台風が来た時、液体洗剤が染み込んでいる木造の台所から(ボロい家に住んでいたため)雨で洗剤が滲み出てきて、風が吹くと家じゅうシャボン玉だらけになってファンタジーだった」と仰天エピソードを明かすと、小島は「人生経験豊富ですよね」と感心していた。

 同作は、アカデミー賞2部門(長編アニメーション賞、音響編集賞)に輝いた『Mr.インクレディブル』(2004年)の続編。驚異のスーパーパワーを持った5人のヒーロー家族が、一致団結して世界の危機に立ち向かう壮大なアドベンチャー。『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』のピクサー・アニメーション・スタジオによる長編アニメーション作品の20作目となる。

 人やモノの瞬間移動ができるヒーロー・ヴォイド役を小島、電気を自由自在に操ることができるヒーロー・へレクトリクス役を池崎が務めている。