『シンカリオン』、「エヴァ」コラボ回で使徒が合体 綾波レイ&アスカも特別出演

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
最強の巨大怪物体「キングシトエル」(c)プロジェクト シンカリオン・JR-HECWK/超進化研究所・TBS (c)カラー

 11日放送のTBS系アニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(毎週土曜 前7:00)第31話に登場する巨大怪物の正体が9日、発表された。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズに登場するいくつかの使徒が合体した巨大怪物体が、主人公・速杉ハヤトと碇シンジの前に立ちはだかる。

【画像】本編に制服姿で登場する綾波レイ&アスカ

 第31話は、「エヴァンゲリオン」とのコラボレーション回。「エヴァ」から生まれた新幹線『500 TYPE EVA』が、シンカリオンに変形し、運転士は「エヴァ」主人公の碇シンジ。声も緒方恵美が担当することで話題になっている。

 物語は『500 TYPE EVA』を目撃し追いかけていたハヤトが「第三新東京市」にたどり着く。そこに突如現れたのは『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場するいくつかの使徒が合体した、最強の巨大怪物体「キングシトエル」。今までとは異なるこの強敵に、ハヤトとシンジが立ち向かう。

 また、4日に放送した葛城ミサト(CV:三石琴乃)のナレーションによる次回予告で登場し話題となった、綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーも本編に特別出演。ミサトも本編に登場予定。声はもちろん林原めぐみ、宮村優子、三石とオリジナルキャストが務める。おなじみのセリフやどの場面で登場するのか、期待が高まる。

 公式YouTubeチャンネル「シンカリオンTV」では、11日午前7時~17日(金)日までの限定で、第1話~最新話を一挙配信。11日の本編では「エヴァ」の楽曲も豊富に使用されているが、この楽曲の数々は見逃し配信などでは聴くことができないとのこと。ぜひリアルタイムで楽しみたい。