有村架純『中学聖日記』追加キャスト発表 町田啓太がエリート婚約者、吉田羊が毒舌肉食女子

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
TBS系連続ドラマ『中学聖日記』に出演する(上段左から)夏川結衣、有村架純、町田啓太、吉田羊(下段左から)マキタスポーツ、夏木マリ、友近 (C)TBS

 女優の有村架純が主演する10月スタートのTBS系連続ドラマ『中学聖日記』(毎週火曜 後10:00)の追加キャストが発表された。勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に引かれてしまった、中学校教師・末永聖(有村)を取り巻く人物として、年上の婚約者・川合勝太郎を町田啓太が演じるほか、吉田羊、夏川結衣、夏木マリ、友近、マキタスポーツらの出演が決定した。

【全身ショット】有村架純の恋人役を演じる町田啓太

 本作は、女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこ氏による原作漫画を実写化。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に思ってくれる恋人がいながらも、中学生との禁断の恋に落ちていく女教師の姿をはかなくも美しく描くヒューマンラブストーリー。

 勝太郎は聖の大学時代からの恋人で、誰からも好かれるバリバリのエリート商社マンという“大人の男”。遠距離恋愛中の聖へのプロポーズが成功して幸せの絶頂いるが、予想外の出来事に惑わされ、複雑な心情を抱くという役どころ。そんな勝太郎の会社の先輩であり、後に彼に引かれていく毒舌系で肉食の“孤高のバリキャリ女子”・原口律役を吉田が演じる。実は律はバイセクシュアルで、聖や勝太郎と三角関係に発展する予感もあり、大人の恋模様にも注目だ。

 そして、“禁断の初恋”に落ちてしまった息子・晶を案じるシングルマザー・黒岩愛子役には夏川、聖が勤める子星中学校で新米教師の聖を厳しい目で指導する教頭・塩谷三千代(通称:塩バァ)役に夏木マリ、ドラマオリジナルのキャラクターで聖のよき相談相手でもある小学校教師・丹羽千鶴役に友近、夏川演じる愛子が営むアジア雑貨輸入販売会社の部下で公私共に信頼をおく上布茂役にマキタスポーツらが起用された。

 不思議な魅力を持つ中学生・晶と対比して描かれる“大人の男”を演じる町田は「純粋過ぎるほどのラブストーリーに参加できて本当に光栄です。中学・高校生の頃、ラブストーリーのドラマをたくさん見て育ったこともあって、憧れを抱いていた作風に挑戦できることにワクワクしています」と期待に胸をふくらませる。「原作の雰囲気を大切にしながら、人を好きになることのすてきさを見てくださる皆様と一緒に感じていけるように真心を持って励んでいきます」と意気込みを語っている。

 同ドラマは「キラキラした青春時代のラブストーリーだけを描いた物語ではなく、主人公・聖を中心とした大人たちの物語」と紹介する新井順子プロデューサー。なかでも、町田については「太陽のように明るく屈託のない勝太郎は、優しく聖を包み込む大人の男性。町田さんの飾り気のない爽やかさは、女性視聴者の心を掴み、毎週会いたくなる存在になることは間違いありません!」と太鼓判を押している。