是永瞳、『ハゲタカ』第4話から登場 渡部篤郎の娘役

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日系ドラマ『ハゲタカ』第4話より芝野健夫(渡部篤郎)の成人した娘・芝野あずさ役で是永瞳が出演(C)テレビ朝日

 『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを受賞した女優・是永瞳(22)が、テレビ朝日系木曜ドラマ『ハゲタカ』第4話から芝野健夫(渡部篤郎)の成人した娘・芝野あずさ役で登場する。

【動画】『ハゲタカ』鷲津政彦(綾野剛)の名言集

 26歳になったあずさは社会人となり、父親とふたりで食事をするなど、以前は冷え切っていた親子関係も改善の方向に向かっていた。しかし父・芝野が総合電機メーカー「あけぼの」の再生担当執行役員に就任し、企業買収を仕掛ける鷲津政彦(綾野剛)と再び対峙したことであずさの人生にも大きな変化が訪れる。

 「仕事が一番で、今を一生懸命生きている芝野あずさは、現在の私自身と通ずるところがあります!」と役柄について話す是永は、連続ドラマ出演が2017年に放送された『ドクターX~外科医・大門未知子~』(同局)に続いて2作目。

 「いつまでも、新人の気持ちで収録に臨むのはやめようと心に決めて今回挑んでいます。『ハゲタカ』も『ドクターX』も両作品とも素晴らしいキャストの皆さんとご一緒させていただき、本当に勉強になります。演技の経験もまだ浅いので、悔しい!と感じることも多々ありましたが、日々勉強をさせていただいているのでハゲタカに出演できたことを今後のお仕事にも活かしていこうと思います。私も精一杯取り組ませていただいたのでぜひ皆さんご覧ください!」と、意気込みを語っている。

 同ドラマは、俳優の綾野剛が “企業買収”のスペシャリスト・鷲津政彦に扮し、「ハゲタカ」とバッシングを受けながらも日本の名門企業を次々と買収し、再生していく様を描く。第1話はバブル崩壊後の1997年からはじまり、鷲津と三葉銀行と因縁が明らかになった第3話(2001年)までを第1部とし、9日放送の第4話から第2部として、2010年が舞台に。今後、現在(2018年)の鷲津を描くオリジナルエピソードの第3部も控えている。