津川雅彦さん、米倉涼子主演ドラマ『疑惑』に出演 2019年放送

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テレビ朝日の「ドラマスペシャル 松本清張『疑惑』」(2019年)出演する津川雅彦さん (C)ORICON NewS inc.

 今月4日に心不全のため78歳で亡くなった俳優の津川雅彦さんが、来年放送予定のテレビ朝日系ドラマスペシャル『疑惑』に出演していることが明らかになった。同ドラマは、推理作家・松本清張(1909年-1992年)の同名小説を、米倉涼子が主演でドラマ化するもので、清張作品で名だたる悪女を演じてきた米倉が“悪女に手を差し伸べる敏腕弁護士”役に挑戦することでも注目を集めている。

【写真】津川雅彦さん&朝丘雪路さん、娘・真由子との親子3ショット

 津川さんが同ドラマで演じるのは、ベテラン弁護士・原山正雄。佐原卓子(米倉)に白河球磨子(黒木華)の弁護を引き継いでほしいと依頼する人物。津川さんは、同じ原作を俳優の田村正和主演でドラマ化し2009年に同局で放送された作品にも同じ役で出演している。

 物語は、どんな手を使ってでも真実を追求し、その有能ぶりとは裏腹に「最低の弁護士」とも揶揄される卓子のもとに弁護士・原山から直々の依頼が舞い込むことから始まる。物語の幕開けを重厚に彩る“俳優・津川雅彦”の姿を焼き付けた、同ドラマの放送が待ち遠しい。

 原山から引き継いだのは、疑惑に満ちた事件の渦中にいる球磨子の弁護だった。保険金目的で夫を殺したとの疑惑がささやかれ、世間からは「鬼クマ」と呼ばれ、好奇の目に晒されている球磨子。卓子は、球磨子のエキセントリックな言動に振り回されながらも、決してクロとは決めつけず対峙し、真相を追求していく過程をスリリングに描いていく。