劇場版『コード・ブルー』ノベライズがシリーズ初のTOP10入り

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
7月14日発売に発売された『劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(扶桑社/脚本・安達奈緒子/ノベライズ・蒔田陽平)

 『劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(扶桑社/7月14日発売)が、週間1.3万部を売り上げ、8/13付オリコン週間文庫ランキング(集計期間:7月30日~8月5日)で7位を獲得した。

【写真】舞台あいさつで浴衣姿を披露した山下智久、新垣結衣ら

 本作は、昨年7年ぶりに新シリーズの「サードシーズン」がオンエアされたドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の続きを描いた映画であり、山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、有岡大貴、成田凌ら豪華キャストが集結した『劇場版 コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』のノベライズ版。同シリーズとしては、BOOK、文庫を通じ、今作が初のTOP10入りとなった。なお7月27日より劇場公開中の映画は、今週2週連続の映画動員1位を獲得する大ヒットを記録している。

 その他今週の文庫ランキングでは、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』のノベライズ版『半分、青い。 下』(著:北川悦吏子/文藝春秋)も10位に初登場。こちらもBOOK、文庫を通じ、北川作品初となるTOP10入りとなった。