「パトレイバー」新作プロジェクト『EZY』が本格始動 公式サイト・SNSも開設

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
『パトレイバーEZY』ポスタービジュアル(C)HEADGEAR

 1988年4月にオリジナルビデオアニメとして産声を上げ、今年30周年を迎えた『機動警察パトレイバー』。“パトレイバーの日”のあす8月10日、公式サイトやツイッター、インスタグラムがスタートし、2017年『アヌシー国際アニメーション映画祭』(仏)でポスターのみが掲示され話題を呼んだ新作『パトレイバーEZY』のプロジェクトが本格始動することが明らかになった。

【写真】amazonでグッズも販売…クリアファイル3種

 公式HPの開設は10日の午前8時10分を予定。『パトレイバーEZY』の公開年など詳細は未定だが、今後公式サイト、SNSなどで情報を発信していくとしている。

 また、新プロジェクトの本格始動を記念し、『パトレイバーEZY』グッズをamazonで10日から販売。「CFRPカードケース」「IDカードホルダー」「カラビナキーホルダー」「クリアファイル3種セット」「Tシャツ M/Lサイズ」「真鍮(しんちゅう)製カードケース」「キャラファインアクリル」など多彩なラインナップを用意している。

 元祖『機動警察パトレイバー』は全6話からなり、漫画家・ゆうきまさみ氏、脚本家・伊藤和典氏(『ガメラ 大怪獣空中決戦』)、メカニックデザイナー・出渕裕氏(後に、『宇宙戦艦ヤマト2199』の総監督)、キャラクターデザイナー・高田明美(ほかに『うる星やつら』『めぞん一刻』『魔法の天使クリィミーマミ』『きまぐれオレンジ☆ロード』など)、演出家・押井守氏の5人からなるクリエイター集団「ヘッドギア」によって創造された。