『Mr.サンデー』タイ少年救出の奇跡を完全再現 ダイバー全員に世界初インタビュー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
12日放送のフジテレビ系『Mr.サンデー あのニュースを総力追跡SP』ではタイの洞窟から少年たちを救った7人のイギリス人ダイバー全員に世界初インタビュー (C)フジテレビ

 12日放送のフジテレビ系『Mr.サンデー』(後7:57)では、6月にタイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められ、7月10日に無事救出された少年ら13人の「奇跡」の救出劇を"完全再現"。その立役者となった7人のイギリス人ダイバー全員のインタビューに世界で初めて成功し、その証言とそれに基づく再現を交えて救出劇の全容を放送する。なぜ、世界中のプロダイバーが集結するなか、イギリスのダイバーが選ばれたのか、その救出劇は奇跡だったのか。裏側に同番組が迫る。

【番組カット】タイの洞窟からの救出を完全再現

 イギリス洞窟救助協会に所属する彼らは「洞窟などでけがをした人たちを救助する」ことに特化した能力を持ち合わせている。通常のダイビングとは全く違い、洞窟内のダイビングは"ケイブダイビング"と言われ浮上しても水面に出ることはできず、水が濁れば自分がどこにいるのかもわからない。しかも今回の洞窟は芦ノ湖がすっぽり入る大きさ。通常は「ダイバー4、5人で1人を救出する」、そして「視野が完全に閉ざされてはいない水中での救助」をしているなか、今回挑んだのは「ダイバー1人が少年1人を救出する」。まして、少年たちの中には泳ぐことも満足にできない少年も...。果たしてどのようにこの救助を完遂させたのか。

 ダイバーの1人リックは、救助のために参加した医師・ハリーに"眠った状態"の少年にマスクを着け動かない状態にして、1人のダイバーが運ぶという作戦を相談。当初は医師も反対したこの計画だが、極限の環境で少年たちにパニックを起こさせない、唯一の方法だとリックは考えた。誰も経験したことが無い未知の救出作戦が開始される。しかし一番の難所で恐れていたことが...。

 ダイバー全員の取材にあたったディレクターのメイズ・ジョナサンは、ダイバーの1人と連絡が取れて取材ができるとわかり、すぐに渡英。そして紹介を経て7月25日から8月1日までイギリス、アイルランド、スペインへと渡って7人全員に取材した。救出の中心的な人物だったジョンはBBCの取材以来、海外メディアの取材は一切受けていなかったそうだが、帰国直前に取材が可能に。「今回、取材を通して、この救出がダイバーたちにとってもどれだけ危険だったのかよくわかったのと同時に、その強烈な責任感に心を打たれました。彼らが『自分たちはヒーローじゃない』と話していたことも印象に残りました」と語っている。

 3時間スペシャルで送る『あのニュースを総力追跡SP』と題した今回、このほか番組では西日本豪雨で浸水した倉敷市真備町で「その時何が起きていたのか」を約100本の映像、1400枚の写真で検証。50億の資産を残し、不審な死を遂げた紀州のドン・ファンの額をはるかに超える1兆1800億円の資産を残して死んだ、大富豪で香港の女性企業家ニナ・ワンの巨額遺産をめぐる壮絶な争いの顛末を取材する。