寺島進、地上波連続ドラマ初主演 『駐在刑事』10月期“金8”で放送

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10月期の「金曜8時のドラマ」枠で連続ドラマ化されることが明らかになった『駐在刑事』に主演する寺島進(C)テレビ東京

 俳優の寺島進が主演し、テレビ東京の「水曜ミステリー9」(2時間ドラマ枠)の人気シリーズとして4本、同枠終了後にスペシャルドラマとして1本(2017年10月)放送された『駐在刑事』が、10月期に「金曜8時のドラマ」枠で連続ドラマ化されることが明らかになった。寺島にとっては、地上波連続ドラマ初主演、「僕の俳優の歴史の中の1ページでもある作品です」「本当に光栄でした! 活気のある連続ドラマにしていきたいと思います!」と、これまでサポートしてくれたスタッフやキャストに感謝した。

【書影】連続ドラマ化される『駐在刑事』

 寺島は「継続は力なりだなと感じました。このドラマはミステリードラマではありますが、奥多摩の方々の人情味あふれるところも見どころの一つだと思います。これまでのシリーズでたくさんの視聴者の方々に応援していただいたからこその連続ドラマ化だと思いますので、乞うご期待ください!」と、コメント。

 かつては警視庁捜査一課の敏腕刑事、そして今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史が帰ってくる。今回の連続ドラマでもシリーズの世界観を踏襲し、『駐在さんと奥多摩・水根の人々の人情味とユーモアあふれるエピソード』と『捜査一課が追うシリアスな殺人事件』、『奥多摩の大自然が持つ魅力的な美しいロケーションと大胆な殺人トリック』を組み合わせスリリングに物語が展開。

 主人公の江波は時には組織や上司と激しくぶつかり合いながら、ただ犯人を捕まえるためだけではなく、目の前にいる人々に寄り添い、駐在として、刑事として汗を流し奔走するヒューマンサスペンスドラマとなっている。

 これからはじまる撮影について寺島は「奥多摩は本当に自然に囲まれていて、東京にもこんなにも美しいところがあるんだと思いました。その素晴らしいロケーションで撮影をさせていただくので、奥多摩の自然の力を借りながら自然体で撮影に臨みたいなと思います!」と、張り切っている。