立木文彦、『銀魂』マダオ姿で碇ゲンドウの名せりふ再現「問題ない」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
dTVドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』先行上映会に出席した立木文彦 (C)ORICON NewS inc.

 声優の立木文彦が11日、都内で行われた映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(17日公開)と連動した、dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』の先行上映会に出席。これまで、立木が数々の名作アニメの人気キャラクターを演じていることを受け、会場から「誰の声をやってほしいか?」とのリクエストを募った結果、「エヴァンゲリオン」の碇ゲンドウの名せりふを壇上で披露した。

【動画】『銀魂』マダオ姿で碇ゲンドウの名せりふを再現した立木文彦

 アニメ版でマダオこと長谷川泰三の声優を務めた縁で、実写でも同役を担当する立木はこの日、実際の撮影で使用した衣装やカツラを着用し、キャラになりきって登場。「ここでいよいよ『銀魂』と『“エ”なんとか』がコラボするっていうことですか。スタジオでしかやったことないから、こういう場でやるのは初めてです」とノリノリの様子で臨み、表情を引き締めると「総員、戦闘準備。『銀魂2』発進だ」とアレンジを加えて再現した。

 山本美月、戸塚純貴、福田雄一監督もすっかり感激した様子で、壇上にひざをついたまま“おかわり”タイムに突入。「『銀魂2』問題ない」と発すると、福田監督は「いやー『問題ない』はいいですね!」と満足しきりの様子だったが、MCから「問題大ありですよ!」と冷静にツッコミを入れられていた。

 物語は、眠れないループに入った神楽が「眠れないアル」を連呼しながら、銀時を巻き込んでなんとかして眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、禁煙ブームのあおりを受け全面禁煙となった世界で、真選組・土方十四郎が煙草を吸うために遠い宇宙に冒険の旅に出る「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄の体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の3篇で構成。原作の数あるエピソードでも『銀魂』の真骨頂であるギャグが冴えわたる渾身のエピソードを、脚本も手掛けた福田監督が見事に描き切っている。

 上映会にはそのほか、サプライズゲストとして小栗旬も出席。ドラマは、18日午前0時から映像配信サービス「dTV」で配信開始となる。