V.I(from BIGBANG)初のソロジャパンツアー開幕 全6公演で7万8000人動員予定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
V.I(from BIGBANG)初のソロツアー『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』千葉・幕張メッセで開幕。8月11日・12日の2日間で3万人のファンを魅了

 アジアが誇るモンスターグループ・BIGBANG。昨年入隊したT.O.P含めメンバー4人が兵役に就き、BIGBANGとしてのグループ活動が休止に入る中、現在タレント、アーティスト活動を精力的にこなすV.I(ヴィアイ)が、全3都市6公演で7万8000人を動員する自身初のソロジャパンツアー『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』が11日、千葉・幕張メッセ公演より開幕。11日・12日の2日間で計3万人のファンを魅了した。

【写真】幕張メッセでのステージの模様

 V.Iのキャリア史上初のソロツアーは全ての曲が新たに編曲され、演出ではDJタイムや、巨大LEDでのVJ、アップテンポでグルーヴィなビートにマッチする華麗で鮮やかなレーザー照明の数々など、まるで巨大なクラブにいるかのような演出が満載だった。

 「ご来場いただいた皆さんがせっかくの夏休みを楽しめるようにたくさんのステージを準備しました。全力で頑張りますので皆さんも一緒に盛り上がりましょう」と呼びかけたとおり、自身の曲だけでなく、BIGBANGの人気曲「HaruHaru」をV.I自身が編曲したブルージーなアレンジで披露したり、メドレーでBIGBANGの楽曲を演奏したり、BIGBANGの活動休止を寂しく思っているファンへの愛を感じられるステージングも盛り込まれていた。

 約2時間全27曲におよぶ自身初のソロライブステージは、マルチな才能をもつV.Iらしいバラエティー、DJ、クラブ、ダンス、芝居など、多様な要素を網羅した唯一無二のエンターテインメントとして圧倒的だった。

 『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』は、9月5日・6日に福岡・福岡国際センター、9月19日・20日に大阪・大阪城ホールの4公演が控える。8月18日には大阪・ヤンマースタジアム長居で行われる夏フェス『a-nation 2018』大阪公演にもソロアーティストとして初出演する。

 9月5日には約5年ぶりとなるジャパンニュー・ソロ・アルバム『THE GREAT SEUNGRI』もリリース。CDには日本エクスクルーシブ楽曲「SCREAM feat. SLANDER」を含む新録日本語バージョン全10曲、『THE GREAT SEUNGRI -KR EDITION-』全9曲のほか、V.Iの代表曲11曲のREMIXバージョンも初収録されるなど、全30曲のボリューム。

 DVDには「1, 2, 3!」や「WHERE R U FROM feat. MINO(from WINNER)」の日本語バージョン & 韓国オリジナルバージョンのミュージックビデオのほか、「1, 2, 3!」のBEHIND THE SCENES(舞台裏)、ダンスプラクティスビデオを併せて収録。

 さらに2012年に行われたV.I初のファンミーティング『V.I FAN MEETING 2012 IN JAPAN』のトーク部分を集めた秘蔵映像を初収録したトータル147分の映像コンテンツが楽しめる充実した内容となっている。昨年末、全4都市14公演で69万6000人を動員した、活動休止前最後の日本ドームツアーの映像作品『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE- : THE FINAL』も8月17日にリリースされる。