minyu-net

ホーム 県内ニュース スポーツ 連載 社説 イベント 観光 グルメ 健康・医療 購読申込  
 
第45回衆議院議員選挙
  衆院選ニュースTOP
 
 民主党の圧勝、自民党の惨敗で政権交代を現実のものにした第45回衆院選で、県内でも5小選挙区すべての議席を民主が奪取。比例東北では自民1人が復活当選、民主1人が比例単独で当選し、本県の衆院議員数は民主6、自民1と勢力図が塗り替えられた。県内での戦いをデータで振り返る。
  ◎ データで見る「政権選択選挙」
【 自、民、対決の歴史 】
議席数で初の自民逆転

梅雨が明け、まぶしい太陽の日差しを浴びて咲くヒマワリ=22日、福島市仁井田

 県内5小選挙区すべてで民主候補が当選を果たし、比例東北を含め民主最多の6議席を獲得した。民主は1996(平成8)年の党結成以来、初めて議席数で自民を逆転した。自民は非自民勢力との激突史の中で、守り続けてきた1、2区の地盤を失い、歴史的ともいえる大敗を喫した。
 県内の自民対民主、自民対非自民の構図の中では、自民、非自民で勢力がきっ抗した96年以後、2000年に自民が勝利、03年に再び非自民に詰め寄られ、前回はコスタリカを活用した自民が制した。今回は民主が守ってきた3、4区だけでなく、「政権交代の風」の後押しもあって小選挙区5議席を獲得、民主の圧倒的な勝利となった。
 自民、民主両党の衆院選での比例得票数推移をみると2000年は自民が約34万票、民主が約26万票で自民が8万票上回ったが、自由党が民主に合流して政権交代の機運が高まった03年には自民約39万票、民主約42万票で、民主が逆転。小泉劇場となった前回郵政選挙では自民約45万票、民主約40万票で自民が巻き返した。民主は今回、県内全59市町村で自民の得票数を上回り再び逆転、約21万票の差をつけた。
(2009年9月1日 福島民友衆院選ニュース)

 

福島民友新聞 購読ご案内

ご購読のお申込

会社案内
会社概要|▶支社・支局のご案内|▶窓の投稿
広告局のページ|▶福島民友愛の事業団
社内見学|▶移動編集局|▶民友メールアドレス

 民友携帯サイト
   みんゆう愛モード

右のコードを読み取り、表示されたURLでアクセスできます。

QRコード
 

福島民友新聞社
〒960-8648 福島県福島市柳町4の29

個人情報の取り扱いについてリンクの設定について著作権について

国内外のニュースは共同通信社の配信を受けています。

このサイトに記載された記事及び画像の無断転載を禁じます。copyright(c) THE FUKUSHIMA MINYU SHIMBUN