ドリンクボトルから雨具、輪行袋まで携行可能。サイズ調整ができる「ボトルフィットケージ」発売。

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ドリンクボトルや缶入り飲料、輪行袋まで携行できるボトルケージ「ボトルフィットケージ」を発売。

2016/11/04

ビーズ株式会社

ドリンクボトルから雨具、輪行袋まで携行可能。
サイズ調整ができる「ボトルフィットケージ」発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2016年11月4日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー)」より、ドリンクボトルや缶入り飲料、輪行袋まで幅広いサイズに対応・携行できるボトルケージ「ボトルフィットケージ DBC335-BK」を発売します。

 本製品の特長は携行品の直径に合わせてサイズを自在に調整し、確実に固定できる点にあります。 自転車用のドリンクボトルや500mlのペットボトル、250mlの缶入り飲料はもちろん、ボトルサイズに収まるレインウェアや輪行袋(収納直径サイズ53~78mm)などに至るまで、幅広いサイズの携行品をカバーします。  細身または大ぶりのものを固定した際に懸念される、走行中の落下による事故発生といった心配をすることなく、固定後も安心して走行を続けられます。 携行品を固定する際は、星型の調整ネジを回すだけ。 力の弱い方でも簡単に固定できます。
 初心者の方でも自転車への取り付けは簡単。 フレームに設置されたボトルケージ用のボルト2個を六角レンチで外し、本製品を取り付けて再びボルトを締めれば完了です。 ケージ上部にはラバー素材の緩衝材を配して、ドリンクボトルを出し入れした際にキズが生じないよう保護しました。 必要な機能を盛り込みつつ、軽量なアルミ素材をケージに用いることで、重量をわずか100グラムに抑えています。

 街乗りから遠方へのツーリング、輪行による小旅行まで様々な楽しみ方ができる自転車。 安全に走行するには、脱水症状を起こさないための飲料や天候変化に備えたレインウェアなど、事前の準備・携帯が欠かせません。 携行品の直径に合わせて自在に調整できる「ボトルフィットケージ」があれば、直径78mmに収まるドリンクボトル、250mlの缶入り飲料やレインウェア、輪行袋の固定まで、バリエーション豊かな使い方ができます。

【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】ボトルフィットケージ DBC335-BK
【カラー】ブラック x シルバー
【サイズ・重量】(約)W9 x H16 x D10 (cm)、(約)100g
【取り付け可能径】53~78(mm)
【材質】樹脂/アルミニウム
【希望小売価格(税別)】1,300円
【製品ページ】http://www.doppelganger.jp/option/dbc335/