コンカー調査、ビジネス旅行客の間でエアビーアンドビー利用が急速に広がる

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

コンカー調査、ビジネス旅行客の間でエアビーアンドビー利用が急速に広がる

AsiaNet 66405 (1420)

【ベルビュー(米ワシントン州)2016年11月3日PR Newswire=共同通信JBN】
*第2四半期の利用者は前年同期比44%増加:中小企業や教育機関、テクノロジー企業の利用が増加

SAP(NYSE: SAP)傘下の企業で、総合的な出張・経費管理ソリューションで世界をリードするコンカー(Concur)は3日、8四半期間にコンカーの顧客がエアビーアンドビー(Airbnb)を利用した32万件超、総額7700万ドルに上る支出データの一部に基づく詳細な分析結果(https://www.concur.com/newsroom/article/airbnbs-business-is-booming/?pid=pr&cid=20174 )を発表した。[注1]

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20151103/283657LOGO

分析結果によって、どんな業界や業種がビジネス旅行でエアビーアンドビーの利用を増やしているかが明らかになった。エアビーアンドビーの利用は大きく伸びているが、このうち2016年第2四半期にエアビーアンドビーの施設を利用したビジネス旅行者の数は前年同期比44%増加した。[注2]

コンカーのグローバル・プロダクツ担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、ティム・マクドナルド氏は「エアビーアンドビーの利用はあらゆる業界、業種で増えているが、中小企業やハイテク企業、高等教育機関で最も伸びが大きいことが、コンカーの出張・経費データで明らかだ。出張宿泊支出はまだ過半数以上がホテルだが、新しい宿泊施設を試すビジネス旅行客が増えており、大規模な会議やイベントの時は特にそうだ」と述べた。

コンカーの調査によると、2015年第2四半期から2016年第2四半期にかけて、エアビーアンドビーを利用した組織は32%増え、支出額は42%多くなった。平均支出額は242ドルだが、米国の主要都市によって差がある。

詳細な分析結果で判明したことは以下の通り。

*中小企業が最も利用の伸びが大きい。中小企業(従業員1000人以下)は2016年第2四半期にエアビーアンドビー施設の支出が前年同期比38%増加した。第2四半期の中小企業の平均支出額は2800ドル。同じ四半期に2万ドル以上支出した組織も少数あった。

*ホテル利用と支出も増えている。大手ホテルチェーンの利用は前年同期比で増加したが、伸びはエアビーアンドビーよりかなり低かった。2016年第2四半期に大手ホテルでの出張支出総額はエアビーアンドビー施設での支出の250倍強だった。

*テクノロジー企業だけがエアビーアンドビーを利用しているわけではない。エアビーアンドビーの利用が広がるにつれて、利用層は多様化している。学術機関が現在、エアビーアンドビー滞在のビジネス旅行の原動力だ。2016年第2四半期のエアビーアンドビー設備での支出の上位20社のうち6社が大学で、8社がテクノロジー企業だった。

*ビジネス旅行客は仕事と観光を組み合わせているようだ。2015年第3四半期から2016年第2四半期にかけてはサンフランシスコがほかのどの都市よりもエアビーアンドビー施設での支出が多かった。一方、この2年の期間でロンドンは2位、続いてニューヨーク、ロサンゼルス、パリ、オースティン、シアトル、首都ワシントン、シカゴ、シドニーの順で、企業従業員の出張の仕方が大きく変わっていることを示す。ビジネス旅行客は、大手ホテルから徒歩圏外にある名所を訪れるのには、エアビーアンドビー施設はコスト効率が良いとみているようだ。

*大規模会議の影響力は大きい。エアビーアンドビー施設での支出を1日ごとに見ると、10月はセールスフォース・ドットコムの年次Dreamforce会議が開かれるサンフランシスコで、予約が急増している。エアビーアンドビー施設の利用はこの会議の期間に2015年平均の6倍になった。2015年と2016年の第1四半期にオースティンでエアビーアンドビー施設での支出は全体の3位になった。この期間は、大規模イベントSouth by Southwestの時期に重なる。しかし、2年間でほかの四半期はそのランクがかなり低下している。

[注1] 調査手法
コンカーは2014年第3四半期から2016年第2四半期にかけての8四半期に一般企業からエアビーアンドビー施設での支出データを集めた。その結果エアビーアンドビーを利用したコンカー顧客の一部の支出は32万件、総額7700万ドルになった。幾つかの大手ホテルチェーンの同種のデータも集めて分析した。

[注2] 2015年第2四半期と2016年第2四半期との比較。第2四半期は4月、5月、6月。

この分析結果の詳しい情報はコンカーのホームページConcur.com (https://www.concur.com/newsroom/article/airbnbs-business-is-booming/?pid=pr&cid=20174 )を参照。

▽コンカー(Concur)について
SAP傘下企業のコンカーは、世界が機能すべき方法をイメージし、出張・経費の管理を容易にするクラウドベース・サービスを提供する。コンカーはデータ、アプリケーション、人々をつなぐことによって、苦労を伴わない体験に加え、いつでもどこでも発生した出費に対する完全な透明性を提供する。コンカーのサービスは個別の従業員の好みに適応し、小規模から大規模までの企業のニーズを満たすように調整する。このため、企業は業務にとって最も重要なことに注力することが可能となる。コンカーに関する詳細はウェブサイト(https://www.concur.com/?pid=pr&cid=20174 ) 、またはコンカー・ニュースルームを(https://www.concur.com/newsroom/?pid=pr&cid=20164 ) を参照。

▽問い合わせ先:
Jessie DiMariano
Jessie.DiMariano@edelman.com
+1 206-268-2289

ソース: Concur