木質実験台「POPLAR(ポプラ)」発表

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
木質実験台「POPLAR(ポプラ)」発表

2016年11月8日

株式会社 岡村製作所

木質実験台「POPLAR(ポプラ)」発表
―心地よい研究環境でラボワーカーをサポートします―

株式会社 岡村製作所(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長:中村 雅行)は、木質実験台「POPLAR(ポプラ)」を2016年11月9日(水)から開催される「オカムラグランドフェア 2016」にて発表・展示し、2017年1月より発売します。
「POPLAR」は、心地よい実験・研究環境を創造する、木目が美しい実験台シリーズです。実験台の脚部はパネル脚で下肢空間が広く、大型機器など設置しやすく、実験や作業を快適に行うことができます。煩雑になりやすい実験機材や備品は、オフィスデスク用のワゴンやキャビネットへ整理して収納できます。「POPLAR」はシンプルで柔らかなデザインで、ラボワーカーの集中力や生産性の向上をサポートします。


―「POPLAR(ポプラ)」の特徴―
■ナチュラルな雰囲気でより心地よい実験・研究環境
「POPLAR」は木目が美しい実験台シリーズです。より自然に近く柔らかな環境を演出する「POPLAR」は、脚部のパネルや上部の棚の色を3色のカラーバリエーションから選択できます。天板は、耐薬品性に優れた表面材を使用し、実験台としての基本的な機能を備えています。

■天板下の広い空間
実験台の脚部はパネル脚で下肢空間が広く、大型機器が設置しやすく、実験機材をオフィスデスク用ワゴンやキャビネットへ収納することができます。足元の干渉も少なく安定した姿勢で実験ができ、着座姿勢での作業を快適に行うことができます。

■バリエーション
両面用と片面用、それぞれ上置棚なしのフラットタイプ、オープン上置棚タイプ、ガラス戸上置棚タイプを取り揃えました。レイアウトや実験研究内容、備品の種類や量に応じて選択いただけます。

□価格  片面用フラットタイプ 155,000円(本体価格)~
□初年度販売目標  2億円