ポルシェが919ハイブリッドで 2年連続のマニュファクチュアラーチャンピオンシップを獲得

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

201/11/7

ポルシェAG

ポルシェが919ハイブリッドで2年連続のマニュファクチュアラーチャンピオンシップを獲得
FIA世界耐久選手権(WEC): LMP1クラス

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)が、再び世界チャンピオンの座に輝きました。シュトゥットガルト-ツッフェンハウゼンのスポーツカーブランドであるポルシェが、FIA世界耐久選手権のシーズン最終戦を待たず、革新的なル・マン・プロトタイプ、ポルシェ919ハイブリッドでマニュファクチュアラー部門のタイトルを獲得しました。11月6日に上海で開催された6時間耐久レースにおいて、ティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)/マーク・ウェバー(オーストラリア)組、およびロマン・デュマ(フランス)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)組が、それぞれ1位および4位でフィニッシュし、ポルシェが38ポイントを獲得しました。これによりポルシェの合計ポイントは301となり、アウディ(222ポイント)およびトヨタ(207ポイント)が11月19日のバーレーンにおける最終戦でポルシェを上回ることが不可能となりました。

ポルシェAGの研究開発担当役員であるミヒャエル・シュタイナーは、現地でのタイトル獲得に際して、「ポルシェにとって2年連続となるマニュファクチュアラーチャンピオンシップのタイトル獲得は、919ハイブリッドの勇敢なコンセプトの正しさを改めて証明しました。ヴァイザッハで開発されたこのプロトタイプは、718 RS、904、917や956など、常に時代を先行していた歴史に残るポルシェのレースカーの仲間入りを果たしました。これらすべてのモデルがモータースポーツの歴史を塗り替え、市販車両の開発に大きく貢献してきました。これは、919ハイブリッドも同じです。私はチーム全員を誇りに思います」とコメントしました。

LMP1担当副社長であるフリッツ・エンツィンガーは、「この大きな成功が達成できたのは、チームの多大な努力があったからこそです。メカニック、エンジニア、ドライバー、そして舞台裏の数多くの人々がタイトルに向けて懸命に戦ってきました。今日、昨シーズンに続きそれが報われました。これは、919ハイブリッドだけでなく、チームがどれほど優秀なのかを証明するものです。心の底から皆に感謝しています」と続けました。

未来的なポルシェ919ハイブリッドにとって、これはサクセスストーリーの新たな章です。2014年、このル・マン・プロトタイプ(LMP1)が独自のパワートレーンコンセプトとともにデビューしました。ポルシェはル・マン24時間レースで2015年、2016年に総合優勝を果たし、通算18勝を挙げています。2015年は、若きチームにとって2年目のシーズンでしたが、通算17回目のル・マン優勝に加えてポルシェはマニュファクチュアラーチャンピオンシップも手にしました。昨年は、ベルンハルト/ハートレー/ウェバーが神経がすり減るようなバーレーンの最終戦でドライバー部門のタイトルを獲得しました。現在、残り1戦の時点で、今年のル・マンで優勝したデュマ/ジャニ/リーブがドライバー部門をリードしています。これまでの24戦で、ポルシェ919ハイブリッドは13勝、15回のポールポジションを記録しています。

ポルシェ チームがサーキットで栄冠を手にする一方、最も重要な成功はシュトゥットガルト近郊のヴァイザッハにあるポルシェ研究開発センターで達成されています。システム出力900 PS(662 kW)を発生する919ハイブリッドは、ポルシェ モータースポーツと市販車両の開発チームが密接な連携を取って生まれました。内燃エンジンは、革新のダウンサイジングエンジンです。このコンパクトな2リッターV4ガソリンエンジンにターボチャージャーが搭載され、ほぼ500 PS(368 kW)でリアアクスルを駆動します。フロントアクスルのブレーキエネルギーと排気エネルギーを利用する2系統のエネルギー回生システムにより生み出されたパワーは、リチウムイオンバッテリーに蓄えられます。このバッテリーのエネルギーを使用して、電気モーターがオンデマンドでフロントアクスルに400 PS(294 kW)以上の出力を供給します。

919ハイブリッドシステムの設計において、ポルシェ モータースポーツは先駆的な仕事をしました。特に、高電圧技術の分野において、電気により未来の公道を走るスポーツカーの電圧レベルを調べるための実験室の役割を果たしています。このようにサーキットから得たフィードバックによって、市販車の開発陣が800 Vテクノロジーを採用した4ドアのコンセプトスタディであるミッションEを提唱するに至りました。ポルシェ初となるEVスポーツカーは、2020年までに生産開始予定です。