パートナーシップとイノベーション、明日のアジア太平洋のヘルスケア

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

パートナーシップとイノベーション、明日のアジア太平洋のヘルスケア

AsiaNet 66447(1431)

【シンガポール2016年11月9日PR Newswire=共同通信JBN】
*第2回年次Asia Pacific MedTech Forumに医療技術のエキスパートが集合

Asia Pacific MedTech Forum(アジア太平洋医療技術フォーラム)が9日、ヘルスケアの新しいパートナーシップの創造というテーマのもと、シンガポールで開催される。このフォーラムは医療技術の専門家、政府リーダー、規制関連のエキスパート、ヘルスケア専門家、研究者が参加する大規模なものである。

Asia Pacific Medical Technology Association(アジア太平洋医療技術協会、APACMed)の主催によるこの2日間の会議では、広範かつ多様なステークホルダーがヘルスケア分野全体で協調しながら課題に対応する方策をさぐる。その課題とはアジア太平洋地域の規制体系改善、医療教育の迅速化、新しい救急と人生を変えるイノベーションを確実に患者へ提供することである。

医療機器と診断方法は、人々がより長く、より健康で生産的な人生をすごすことに寄与する。APACMedのフレドリック・ナイバーグ最高経営責任者(CEO)は「過去30年にわたり全世界の先進国と途上国の両方で、医療の進歩は平均寿命を延ばすのに役立っている。同時に、こうしたイノベーションによってそれまでの高額な治療方法にとって代わり、短い入院期間でより早く患者が仕事に復帰できるといったことでヘルスケア・システム全体に節約効果をもたらしている」と述べた。

ナイバーグ氏はまた、「イノベーションを超えて、有意義で包括的な協調が持続可能なパートナーシップを創造する鍵である。過去30年間で世界の健康状態は目覚ましく前進したが、それは均一なものではない。Lancet Commission on Global Surgery 2030 Report(ランセット世界外科委員会2030報告書)によると、手術や麻酔処置を受けるのが困難な人々の数は50億人という驚くべきものだ」と語った。

Asia Pacific MedTech ForumでのGlobal Surgery 2030全体セッションでは、この課題に取り組む医療技術産業の極めて重要な役割が焦点になる。アジア太平洋でのニーズ、ソリューション、継続案件とともに、世界的な見識とケース・スタディが発表される予定。

APACMedのウラジミール・マカツァリア会長は「今年のAsia Pacific MedTech Forumは、APACMedにとっては別の意味で素晴らしいマイルストーンである。それは医療技術の専門家が集まって、地域で最も切迫したヘルスケアの課題に取り組むというわれわれのコミットメントを示し続けている。地方の中小企業や巨大な多国展開をする企業が集まった産業として、Asia Pacific MedTech Forumはわれわれ個々の専門技術を超えて考察する機会を提供し、われわれの患者の生命のために、アジア太平洋のヘルスケア・システムを発展させる戦略的パートナーシップを作り上げる」と述べた。

その他の全体セッションと分科会セッションでのトピックは規制の調整と一致、デジタルとモバイル・ヘルス、医療教育、ユニバーサル・ヘルスケア、そして患者たちの証言である。

▽編集者注意
分科会のキー・スピーカーは以下の通り。

*中尾浩治氏
 テルモ株式会社
 取締役顧問、前代表取締役会長
*ゲイリー・プルーデン氏
 ジョンソン・エンド・ジョンソン
 ワールドワイド・チェアマン・オブ・メディカル・デバイセズ、執行副社長
*ラナ・ダースグプタ博士
 Apollo Hospital Group
 最高執行責任者(COO)
*ジョン・リム博士
 Duke-NUS Graduate Medical School, Singapore
 エグゼグティブ・ディレクター、センター・オブ・レギュラトリー・エクセレンス
*ラッセル・L・グルエン教授
 Lee Kong Chian School of Medicine(NTU)
 副学部長(Research)、外科学教授
*ウィリアム・P・マギー教授
 オペレーション・スマイル
 最高経営責任者(CEO)、共同創業者
*アナ・ブラウン氏
 B. Braun Medical Industries
 プレジデント、アジア・パシフィック
*ヨシター・ジャヤバラン氏
 糖尿病患者

▽APACMedについて
Asia Pacific Medical Technology Association(アジア太平洋医療技術協会、APACMed)はアジア太平洋の医療機器、生体外診断薬業界向けに求心力ある声を提供する。APACMedは2014年に創設され、患者に対するヘルスケア利用を促すためのイノベーションとインパクトある政策を進めるよう努力している。現在の会員は医療技術の大手企業を含んでいる。完全なリストは http://www.apacmed.org/join/current-members/ を参照。

▽メディア問い合わせ先
Ashley Lau
Edelman
ashley.lau@edelman.com
+65-6733-1110

Annabel Ng
Edelman
annabel.ng@edelman.com
+65-6733-1110

Emilie Rapley Mills
Communications Manager
Asia Pacific Medical Technology Association (APACMed)
erapley@apacmed.org
+65-6816-3180

SNSでのフォローは:
Twitter: https://twitter.com/apacmed
Facebook: https://www.facebook.com/APACMed
LinkedIn:
https://www.linkedin.com/company/asia-pacific-medical-technology-association

ウェブサイト:http://www.apacmed.org/

ソース:Asia Pacific Medical Technology Association