国内初 高千穂産「日本山人参」と発酵飲料の融合商品 「ほまれの高千穂夢酵素」発売開始

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2016年11月21日

株式会社 誉

国内初 高千穂産「日本山人参」と発酵飲料の融合商品 「ほまれの高千穂夢酵素」発売開始

 株式会社 誉(本社:千葉県千葉市)と高千穂日本山人参生産保護協会(宮崎県高千穂町)では宮崎県高千穂町の生産農家と2年にわたる研究成果の結果、このたび当地で生産された日本山人参(ヒュウガトウキ)と発酵飲料を融合した商品の開発に成功しました。高千穂の名産品となるべく、内倉 信吾 高千穂町長や後藤俊彦高千穂神社宮司らの支援を受け、「ほまれの高千穂夢酵素」と命名、11月末より九州地区の道の駅を皮切りに全国で発売します。

  昨年この高千穂エリアは「世界農業遺産」の認定を受け、この地区独特の農業手法・神楽を中心にした伝統芸能と農業の融合が高く評価されております。
 株式会社 誉ではこの認定を受ける以前より日本山人参の希少性・高千穂エリアの農業形態に着目し、生産農家との直接交渉を行い、時間をかけながら日本山人参と発酵飲料を融合した新商品の開発に取り組んで参りました。

日本山人参は高千穂エリアの薬草について記された『高千穂彩薬記』にも登場する当地に限定的に生息する薬草です。また発酵飲料は「発酵沸き」の製造過程にこだわり、81種類の野草・果物・海藻・野菜をふんだんに使い、白砂糖を使用せず黒砂糖とオリゴ糖、そして創業100年以上の造酢メーカーが開発したフルーツビネガーと米酢を加えてすっきりとした美味さとなりました。

医学団体日本成人病協会推奨品でもある当商品が、九州地方から全国へと多くの方々の健康維持に少しでも役立つ商品となるように努力をしてゆきます。
 
価格:原液500mlで ¥6,000(税別)