コリンシア・ホテル・ロンドンが世界初の神経科学イン・レジデンスを開始

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

コリンシア・ホテル・ロンドンが世界初の神経科学イン・レジデンスを開始

AsiaNet 66423

ロンドン(英国)、2016年11月15日/PRニュースワイヤー/ --

コリンシア・ホテル・ロンドンは、ホテルでは初めて、1年間にわたる人間の脳の研究、神経科学イン・レジデンス(Neuroscience in Residence)を実施しています。

    (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161104/436339 )
     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161104/436340 )
     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161104/436341 )

2016年11月から2017年12月まで、ロンドン中心部ホワイトホールプレイスにあるこの五つ星高級ホテルは、著名な神経科学者のタラ・スワート博士と提携しました。博士はホテルスタッフとビジネスの常連客を何人か選び、精神的な回復力を調査します。彼らのストレスへの対処の仕方は、レジデンシーの終わりに独自のブレインパワー研究としてまとめられます。

参加者全員が睡眠、水分補給、食習慣、運動、心の集中など、仕事や家庭で自らの潜在力を最大限に引き出す方法について、脳の働きを高めるアドバイスを受けます。

博士はまた期間中に4回の講演を行い、脳科学が政治、技術、ビジネスなどのトピックにどのように応用できるかを解説します。精神病質者、ナルシスト、反社会的人間が企業の役員の地位を占めることが多い理由を扱うものもあります。

神経科学は、脳が行動や認知機能にどのような影響を与えるかの研究の先陣を切っており、脳の働きや人の行動の理由に関する我われの見解を根本的に変えつつあります。博士の最先端の仕事は、世界のもっとも成功した企業のリーダーたちが自身の脳の健康状態を理解、改善し、精神的な回復力を得て、脳機能を最高にすることで競争上優位に立てるようにします。

13か月のレジデンス期間中にコリンシア・ホテル・ロンドンを訪れるゲストや客は、特製のブレインパワー・パッケージを試して、ブレインパワーの機能を最大限に利用することができます。このパッケージは、脳細胞を作り、保護し、修復するのに欠かせない栄養素のメニューで脳に栄養を与え、ブレインパワー・ドリンクのセレクションで脳の水分を補給して精神機能を助け、ホテルのエスパライフ・スパ(ESPA Life spa)で行うヨガニドラで五感に2時間の集中力のマッサージ(Mindful Massage)を楽しみます。呼吸と可視化技術によりストレスを減らして集中力を高め、客室を安眠できる状態にして脳のグリンパ系(脳の老廃物排出システム)が重要な夜の仕事をできるように作られています。

タラ・スワート博士は神経科学者、リーダーシップの指導者、受賞歴のある著者、ボストンのマサチューセッツ工科大学上級講師、医師。神経科学の博士号と精神科医としてのキャリアを併せ持つただ一人の一流リーダーシップ指導者です。

詳細は、corinthia.com/london(http://www.corinthia.com )、ツイター @corinthialondon(http://www.twitter.com/corinthialondon )またはインスタグラム@corinthialondon(http://www.instagram.com/corinthialondon )をご覧ください。

情報源:コリンシア・ホテル・ロンドン

(日本語リリース:クライアント提供)