マンガ冊子「元気社長の危機管理 ~がん対策で健康経営~」発行

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2016年11月16日

東京商工会議所 墨田支部

マンガ冊子「元気社長の危機管理 ~がん対策で健康経営~」発行
-「がん」が企業経営に与えるリスク・未然に防ぐ方法を解説-

 東京商工会議所墨田支部(会長:阿部貴明・丸源飲料工業(株)社長)は、この度、健康経営の普及啓発を目的に、区内企業の経営者および従業員に対して「がん」の予防と早期発見・早期治療を促すマンガ冊子「元気社長の危機管理~がん対策で健康経営~」を発行しましたので、お知らせします。 

 本冊子は、主に経営者に対して、「がん」が企業経営に与えるリスクとそれを未然に防ぐ方法を「マンガ」で解説しています。また、早期発見・早期治療により事業や就労に及ぼすリスクも軽減できるため、墨田区が行なう「がん検診」や「万が一、がんに罹患した際に利用できる諸制度やサービス」の紹介、実際にがんを経験した社長の体験談も掲載しています。

 人的資源が限られている中小企業においては、経営者や従業員が罹患したことによる影響は大企業に比べて格段に大きいといえます。経営の舵取り役を失う危険性に加え、他の社員の業務負荷が大幅に増加することで、企業の持続的発展が阻害される要因にもなる等、企業経営にも大きな危険を及ぼしかねません。

 墨田区は「がん」による死亡率が23区の中でも極めて高い水準にあります。昨今は当支部でも「従業員が"がん"で退職し、その従業員が担当していた部門をやめざるをえなかった」「家族が"がん"になり、その治療に同行する必要があったため営業時間が減り売上が減った」等、地域の企業から"がん"に起因した経営相談も多くあります。今後は当所会員企業や墨田区役所、各団体と協力して、本冊子を広く区内事業者に配布し、区内におけるがん死亡率改善の支援と健康経営の普及を図っていきます。


■冊子名 「元気社長の危機管理~がん対策で健康経営~」
■発 行 東京商工会議所墨田支部(平成28年11月発行)
■配布先 墨田区内事業者(当所墨田支部等で無料配布)
■仕 様 A5版 全28ページ(発行部数:1万5千部)
■内 容 ・マンガ(がんの経営リスクと検診の必要性を解説)   
・がんを知る[知らないと損をするがんとお金の話]等  
・がん体験談[会社の元気は働く人の健康から]等
■監 修 順天堂大学医学部総合診療科 福田 洋 准教授
■協 力 NPO法人がんと暮らしを考える会/墨田区福祉保健部保健計画課