Neurim Pharmaceuticalsが、Aspenに豪州/NZにおける小児科持続放出型メラトニン(「PedPRM」)の販売権付与

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Neurim Pharmaceuticalsが、Aspenに豪州/NZにおける小児科持続放出型メラトニン(「PedPRM」)の販売権付与

AsiaNet 66549

Neurim Pharmaceuticalsが、Aspenにオーストラリア/ニュージーランドにおける小児科持続放出型メラトニン(「PedPRM」)の販売権を付与

テルアビブ(イスラエル)、2016年11月16日/PRニュースワイヤー/ --

Neurim Pharmaceuticals (http://www.neurim.com 、「Neurim」)とAspen Pharmacare Australia (「Aspen」)は、本日ライセンス契約を発表しましたが、それによりAspenはNeurimの新製品Rx PedPRMの独占販売権を得ます。

Neurimの年齢に応じた医薬品は、自閉症スペクトラム障害(ASD)および神経性疾患の子供における睡眠障害の治療を目指しています。このような子どもの大半が重度の睡眠障害を経験していますが、小児科集団における睡眠障害向けに承認された医薬品は現在ありません。

今回の契約は、高齢者を対象とした不眠症治療用Circadin(R)の販売に関する2009年の契約に続く、両社間の更なる協力につながります。Neurimの事業開発担当副社長Sharon Elkobi氏は次のように述べています。「Aspenは、貴重なパートナーであることが証明されています。Neurimは、Aspenがこの治療法を子供に届けることができると確信しています。当社は、製品の市場を拡大すべく一生懸命に取り組んでいます。」

Aspenアジア太平洋地域最高責任者Trevor Zimanは、「Aspenは、このパートナーシップを継続し、PedPRMを市場に届け、この患者集団の満たされていないニーズに取り組むことを嬉しく思っています。」

PedPRM について

PedPRMは、小児不眠症分野での満たされていない臨床的ニーズに対応するものであり、特にASDおよび神経性疾患の子供における主な懸念に取り組むべく開発されています。PedPRMは、嚥下障害のある集団向けに設計された年齢に応じた製剤です。

PedPRMは、EU-PIPおよびUS-FDA INDのもとで第III相試験を終了しており、肯定的なトップライン結果を示しています。PedPRMはプラセボとの比較で総睡眠時間(TST)において統計的に有意な改善を示しており、主要有効性エンドポイントを満たしました。睡眠開始および睡眠維持の改善を示すセカンダリーエンドポイントもまた満たされています。

Neurim Pharmaceuticalsについて

Neurim Pharmaceuticals Ltd. (http://www.neurim.com ) は、神経科学分野の創薬・開発会社です。同社初の承認薬Circadin(R)は世界の45カ国余りで市販されています。

Neurimは不眠症、アルツハイマー病、認知症、緑内障、疼痛の治療を目的とする強力かつ革新的な製品パイプラインを保有しています。

Aspen Australiaについて

Aspenグループに属するAspen Australiaは、ほとんどの病状を対象とした包括的な医薬品ポートフォリオを持つ、オーストラリア最大の製薬会社の1つです。また、アジア十数か国において拡大している事業にも責任を持っています。

Aspenグループは、専門およびジェネリック医薬品における世界有力企業であり、人生のあらゆるステージで経験する幅広い急性および慢性的な症状に対する治療を提供する豊富な製品群を備えています。

問合せ先
Sharon Elkobi
業務推進担当副社長
sharone@neurim.com

ソース: Neurim Pharmaceuticals LTD

(日本語リリース:クライアント提供)