TriLuminaが社長兼CEOにブライアン・ウォン氏を任命

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

TriLuminaが社長兼CEOにブライアン・ウォン氏を任命

AsiaNet 66552(1474)

【アルバカーキ(米ニューメキシコ州)2016年11月16日PR Newswire=共同通信JBN】自動運転車両や新しい自動車安全システムを可能にするソリッドステートLiDARシステム向け半導体レーザー光源のリーディング・デベロッパーであるTriLumina Corp.は16日、ブライアン・ウォン(Brian Wong)氏が同社の新しい社長兼最高経営責任者(CEO)および取締役会メンバーに指名されたと発表した。ウォン氏は経験豊富なリーダーであり、複数の収益を上げるテクノロジー企業を創設、育成した輝かしい経歴により半導体業界で高い尊敬を受けている。

Logo - http://photos.prnewswire.com/prnh/20161114/439904LOGO

TriLuminaの取締役会メンバーでCottonwood Technology Fundのパートナーのレイ・キンタナ氏は「TriLuminaが、顧客関係および戦略的パートナーシップを築きつつある自動車センサー市場でその地位を固め続ける中で、ブライアン(ウォン氏)がわれわれをエキサイティングな次の段階に導くために当社に参加したことをわれわれはうれしく思う」と述べ、さらに「ブライアンは、TriLuminaを技術デベロッパーから、急速に拡大する自動車センサー、照明、デプスセンサー市場向け製品の主要なサプライヤーへと発展させるのに必要な経験とリーダーシップをもたらしてくれる」と語った。

自動車、航空宇宙、消費者顧客向けの光学、半導体、エネルギー貯蔵部門で30年以上の経験を持つウォン氏の経歴は、TriLuminaの技術と標的市場にぴったり適合する。以前のCEOの役割の中でウォン氏は、複雑な技術をミッションクリティカルなアプリケーションの大量生産へと導くとともに、十数社以上の国際企業と戦略的パートナーシップを形成し、少なからぬ資金調達を達成した。もっとも最近では、ウォン氏はシリコンアノードを使うリチウムイオン電池の企業Enevate CorpのCEOを務めた。

ウォン氏は「TriLuminaに入社し、われわれの技術を主要な市場で商業化するよう当社を指導することになり興奮している。特にTriLuminaが固体LiDAR分野でその開発努力を集中、加速している今の時点ではそうだ。TriLuminaのレーザーによって可能となったLiDARセンサーは、今日の新しい安全システムと明日の自動運転車両の開発の原動力となっている。この技術は道路をより安全に、より効率的にし、数百万の生命を救うことになると期待される」と語った。

TriLuminaの取締役会メンバーで、Sun Mountain Capitalのパートナーのリー・ランド氏は「ブライアン・ウォン氏はTriLuminaのCEOの役職に理想的な人物だ。彼は半導体技術を開発し、それを自動車やその他の極めて需要の多い消費者分野に展開するという長い実績を持つからだ。彼は最先端の革新的な企業を育成したという成功に満ちた経歴を持っており、まさにTriLuminaに打ってつけである」と述べた。

▽TriLumina Corpについて
半導体レーザー企業のTriLuminaは、自動車が自ら見、考え、予測し、反応することを可能とする一連の高速で強力かつコスト効果が高い半導体レーザー製品を開発してきた。TriLuminaはドライバー・モニタリング・センシング・アプリケーション分野での車両向け固体レーザー・レーダー(LiDAR)技術とスマート照明製品向けのレーザーに注力している。TriLuminaのレーザーはプラットフォーム技術であり、その使用範囲は自動車にとどまらず、ロボット工学や産業アプリケーション、および家庭での用途に使用される3Dデプス・センシング、ヒューマン・マシン・インターフェース、赤外線感知などにも広がっている。詳細はwww.trilumina.com を参照。

ソース:TriLumina Corp.

▽問い合わせ先
David Abell
Chief Strategy Officer and Founder
TriLumina Corp.
800 Bradbury Drive, SE Suite 116,
Albuquerque, NM 87106
Office: +1 (505) 633-8800
info@trilumina.com, www.trilumina.com