インターナショナル・ウィーク『第8回 メキシコ』開催のお知らせ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2016年11月18日

中央大学

インターナショナル・ウィーク『第8回 メキシコ』開催のお知らせ

 国際化を推進する本学では、特定の国や地域、国際機関等をテーマにキャンパス全体を学びの場とする「インターナショナル・ウィーク」を、2011年より開催しています。
 現在、本学では国際連携推進の重点対象となる国・地域を「環太平洋地域」としており、第8回目を迎える今回は「メキシコ」をテーマに、駐日メキシコ大使による講演会やメキシコの伝統音楽「マリアッチ」の演奏会、メキシカン・プロレス「ルチャ・リブレ」の実演などを予定しています。
 一般の方にも無料で参加いただける企画を以下の通りご用意しています。

【イベントスケジュール・概要】  
期 間:2016年11月28日(月)~12月3日(土)
場 所:中央大学 多摩キャンパス、後楽園キャンパス
主 催:学校法人 中央大学
後 援:在日メキシコ大使館、メキシコ観光局

■日系企業講演会
11月28日(月)13:00~14:30 後楽園キャンパス/5号館5336号室
11月29日(火)13:20~14:50 多摩キャンパス/8号館8203号室
講演者:樋口 和喜氏
    住友商事株式会社 自動車製造事業第一部 参事 / 株式会社キリウ 副社長 
商社とメーカーで通算16年、現地に駐在しメキシコ人と日本人の協働をマネジメントしてきた樋口 和喜氏が、メキシコの魅力や進出企業で活躍できる日本人について講演します。

■メキシカン・プロレス「ルチャ・リブレ」実演
11月29日(火)12:30~13:20 多摩キャンパス/セントラルプラザ 特設リング
プロレスの本場・メキシコで行われているルチャ・リブレ(自由な戦い)を日本で実践する団体「SECRET BASE」が、華麗な技とメキシコでの体験談を披露!

■メキシコ大使による講演会
12月1日(木)11:00~12:30 多摩キャンパス/8号館8308号室
講演者:カルロス・アルマーダ駐日メキシコ大使
「墨日二国間関係(歴史的観点と現状)Mexico-Japan bilateral relations(from the historic perspective and current state)」について講演。

■メキシコ伝統音楽「マリアッチ」のライブ演奏
12月1日(木)12:15~13:20
多摩キャンパス/8号館8308号室~中央ステージ(雨天時はGスクエア)
※12:30より8308号室を出て移動しながら演奏。中央ステージでの演奏会は12:45開始

メキシコから来た実力派の楽団「マリアッチ・サボテン」が届ける太陽と情熱のマリアッチ!
ユネスコ無形文化遺産でもあるラテン音楽の代表・マリアッチをライブ演奏でご堪能下さい。

■本学学生による「スペイン語弁論大会」
12月2日(金)17:00~18:30 多摩キャンパス/8303号室
本学の学生たち8名が、スペイン語を駆使して熱いコトバのバトルを繰り広げます。

■図書館資料展示(メキシコ関連図書/民族衣装・工芸品)
11月21日(月)~12月3日(土) 終日 多摩キャンパス:中央図書館2F展示コーナー
約400年前まで遡る日本とメキシコの交流。この両国交流史をはじめ、歴史・文化等に関連する図書・写真集を集めました。先住民の民族衣装等も一緒にお楽しみください。

■国際機関資料展示「世界遺産の国メキシコ ― UNESCOの資料から」
11月21日(月)~12月3日(土)
月~金10:00~17:00、土9:30~12:00 多摩キャンパス:中央図書館2F国際機関資料室
世界第7位の登録数を誇るメキシコの世界遺産。国際機関資料室では、世界遺産を管轄する国連教育科学文化機関(UNESCO)の英文資料を中心にメキシコの姿を特集します。

■メキシコ・フェア
11月28日(月)~12月3日(土) 終日 
多摩キャンパス:生協食堂・店舗/後楽園キャンパス:生協食堂
食堂ではメキシコ料理を特別メニューとして提供。スタッフが自慢の腕を振るいます。さらに、多摩キャンパスの生協店舗ではメキシコに関連した物品を特別コーナーで販売!

特設サイト:http://www.chuo-u.ac.jp/international/program/int_week/8th_session/