子育てサポートサプリ『鬼から電話』、日本バレーボール協会タイアップ企画 第2弾!

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
清水邦広選手の画面

2016年11月21日

メディアアクティブ株式会社

子育てサポートサプリ『鬼から電話』、日本バレーボール協会タイアップ企画 第2弾!
期間限定で天皇杯・皇后杯に出場するバレーボールの選手から電話がかかってくるコンテンツが登場します

メディアアクティブ株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役:佐々木 孝樹)は、公益財団法人日本バレーボール協会とタイアップ企画第2弾を開始。同社が開発・運営する子育てサポートアプリ『鬼から電話』において、天皇杯・皇后杯に出場する選手から電話がかかってくるという特別シチュエーションを期間限定で配信します。

◆コンテンツ内容
2016年5月に開催されたリオ五輪世界最終予選に続いて2回目のタイアップとなる今回は、大会出場選手6名からの電話が『鬼から電話』アプリ内に期間限定で登場します。
さらに、インストール不要でお試しいただけるWEB版には全日本男子チームでも活躍する石川選手がスペシャルサポーターとして登場。
各選手の大会への意気込みや、石川選手からの応援メッセージで大会を盛り上げます。

●タイアップ登場選手
清水 邦広 選手 / 白岩 直也選手 / 佐藤 あり紗 選手 /他3選手
(WEB版のみ )石川 祐希 選手

●配信期間
2016年11月21日(月)~2016年12月25日(日)

◆平成28年度 天皇杯・皇后杯 全日本バレーボール選手権大会
天皇杯・皇后杯は昭和25年(1950年)に全日本9人制選手権大会に下賜されて以来、その賜杯は日本国内における最高のチームに授与され続け、数々の試合や選手たちに栄誉を与えてきた。
【ファイナルラウンド開催期間】 12月16日(金) ~ 12月25日(日)
【開催会場】 東京都内体育館
【特設サイト】 http://tk2016.jva.or.jp/

◆『鬼から電話』
2012年9月のリリースから現在までに1,000万ダウンロードを突破した、2~5歳児の母親を主な対象とする子育てサポートアプリです。
鬼やおばけからの電話で、駄々をこねたり、何度言い聞かせても聞く耳を持たないお子さんの気持ちを上手に切り替えるきっかけとして広く利用されています。
リアルな着信音に加え、サンタクロースや妖精などの多彩なキャラクターが人気の秘密です。
・販売価格:無料 (一部アプリ内課金あり)
・インストール方法:App StoreとGoogle playにて販売
・公式サイト:http://www.media-active.co.jp/app/oni/

■『鬼から電話WEB版』
インストール不要で「鬼から電話」の一部コンテンツがお試しできる新しいサービスです。
仮想電話が気軽に体験できるほか、電話コンテンツの再生後にはSNSへの投稿や友達へのシェアが可能で、より幅広いユーザーの方を対象としています。
・公式サイト:http://www.onikara-denwa.com/webapp/main/


【メディアアクティブ株式会社について】
社名:メディアアクティブ株式会社
所在地:東京都大田区山王2-1-2 大森ステーションボックス7F
代表者:佐々木 孝樹
設立:2006年7月19日
資本金:2億1,116万円(資本準備金を含む)
URL:http://www.media-active.co.jp