ポルトガルで自動デマンドレスポンス技術の実証事業を開始

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2016年11月22日

ダイキン工業株式会社

再生可能エネルギーの大量導入に伴う電力需給安定化に貢献
ポルトガルで自動デマンドレスポンス技術の実証事業を開始

ダイキン工業株式会社は、このたび国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、ポルトガル共和国リスボン市で実施する、自動デマンドレスポンス技術の実証事業(以下、本実証事業)の委託先に選ばれました。2016年11月から2019年12月までの約3年間、実証事業を行います。

欧州委員会は、地球温暖化防止の観点から、2020年までにEU全体のエネルギー消費の約20%を再生可能エネルギーとする目標を掲げています。なかでも、ポルトガルは風力や水力などの再生可能エネルギーの導入を積極的に進めており、その割合を31%にすることを目標にしています。
しかし、再生可能エネルギーは、天候など自然環境に左右されるため、電力の供給が不安定で、今後の利用拡大における課題となっています。その課題の解決に向け、本実証事業では、電力消費の約4割を占めるといわれるエアコンの利用がピークを迎え、電力需要が高まる夏季においても、電力の需給バランスを調整する仕組みを構築し、再生可能エネルギーを安定的に使えるようにすることを目指します。

当社は、空調総合メーカーとして、ポルトガルでの実証をふまえて、各国の実情に合ったソリューション提案力を強化し、欧州地域における再生可能エネルギーの更なる普及に貢献していきます。

【事業概要】
本実証事業では、まず、電力の供給量に応じて電力消費の上限を自動で制御できるデマンドレスポンス機能を付加したビル用マルチエアコンを、リスボン市内の市庁舎や研究所など複数のビルに設置します。これらを前日の天候や日々のエアコンの使用状況等から電力需要の推移を予測し、消費量を自動で調整する制御システムと連動させます。そして、空調自動デマンドレスポンス(ADR)システムを構築します。
また、現地の電力小売事業者および複数の中小規模の再生可能エネルギー発電施設を取りまとめたバーチャルパワープラント(VPP)事業者が、電力供給の調整をします。それらの事業者の協力を得ることで、再生可能エネルギーによる空調機器の安定的な運転の実証を行います。