世界で最も豪快な市街地レースにおいて911 GT3 Rが2位を獲得

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2016/11/22

ポルシェAG

世界で最も豪快な市街地レースにおいて911 GT3 Rが2位を獲得
マカオ/中国FIA GTワールドカップ-レース

ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr. オリバー・ブルーメ)の911 GT3 Rを駆るアール・バンバー(ニュージーランド)が、マカオFIA GTワールドカップにおいてトップに躍り出たときにレースが中断され、再開されることはありませんでした。そしてレースの主催者は、この旧ポルトガル植民地の伝説のシティーサーキットの名誉ある優勝をアール・バンバーではなく、レースが中止となる事故を招いたアウディのローレンス・ヴァンソール(ベルギー)にもたらしました。また、911 GT3 R 2号車のケヴィン・エストル(フランス)は2位を飾りました。スタート直後に5秒のペナルティをとられたアール・バンバーは4位に終わりました。

全長6.115 kmのサーキットのグランドスタンドを埋め尽くした満員のファンの間には大きな混乱がありました。世界で最も豪快な市街地レースを観戦するために来たのにも関わらず、7つの自動車メーカーによる魅力的なスポーツカーは数周しかレーシングスピードで周回せず、ほとんどの時間をピットで待機することになりました。さらには、ルーフから逆さに落下してレースを終了させた車が優勝を飾ったことがファンの間で困惑をさらに深め、レースの実際の優勝者が誰なのか、混乱はさらに大きくなりました。

この時点で明らかなことは、最後に赤旗が振られる前にトップだったのはアール・バンバーだったということです。911 GT3 RS 市販車をベースにして世界中で開催されるGT3シリーズのために設計された500PSのカスタマースポーツカーのステアリングを握るバンバーは、予選2位で、フロントロウからのスタートでした。しかし、わずか4周後に、事故で1回目の中断が発生しました。ガードレールの修理のための長い中断の後にレースが再開されたとき、残り時間はわずか15分でした。再スタート直後、バンバーは、見事なステアリング捌きで先頭のローレンス・ヴァンソールをかわしてトップに躍り出ました。まもなくヴァンソールのミスで、アウディはルーフから逆さに落下しました。これによってケヴィン・エストルが2位を飾りました。再びレースは中断されました。ドライバーたちはピットへと戻り、観客席のファンたちはレースの再スタートを待ちましたが、公式にレースの終了が発表されました。
規定に従い、レース結果は、レース中断直前の順位が適用されました。

レース後のコメント
ポルシェ・モータースポーツの責任者であるDr.フランク・シュテファン・バリサー:「このレースをすぐに忘れ去ることはできないと思います。私達のレース結果は明らかでした。見事な追い越しでアールがトップに立ち、車が接触することもなく、全ては順調でした。不運にもアウディの事故によってレースは中断しました。ポルシェのドライバーとチームはマカオで見事なパフォーマンスを示しましたが、予想された結果にはつながりませんでした。私達は人々の心をつかみました。しかし、このような苦い結果になって、本当に無念です。」
アール・バンバー(911 GT3 R #911):「フェアに戦ったにもかかわらずこのような結果に終わりました。納得できません。優勝は確実でした。」
ケヴィン・エストル(911 GT3 R #912):「エキサイティングなレースを楽しみにしていたので良いチャンスでした。911 GT3 Rは完璧なセットアップでした。残念ながら、期待どおりの結果ではありませんでした。熱烈なファンの皆さんにもっとよいレースを見ていただくことができなかったのが残念です。いつかマカオで優勝を飾りたいと思います。」

FIA GTワールドカップのレース結果
1. ローレンス・ヴァンスール(ベルギー)、アウディR8、12分21秒870
2. ケヴィン・エストル(フランス)、ポルシェ911 GT3 R、+ 3.500秒
3. マロ・エンゲル(ドイツ)、メルセデスGT3、+ 5.605
4. アール・バンバー(NZ)、ポルシェ911 GT3 R、+ 6.878
5. アダリー・フォン(香港)、ベントレー、+ 7.365
6. レンガー・ファン・デル・ザンデ(オランダ)、メルセデスGT3、+ 10.492
7. ニッキー・カツバーグ(ニュージーラーンド)、BMW M6、+ 12.508
8. ファビアン・プレンツ(ドイツ)、アウディR8、+ 14.486

ポルシェ911 GT3 Rの今シーズン最後のレース出場は12月10日にスパン/マレーシアで開催される12時間レースです。


<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120-846-911
ポルシェ ホームページ http://www.porsche.com/japan/