「マチュピチュの出会いと古代アンデス文明展」を横浜市で開催

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
世界遺産マチュピチュ(ペルー共和国)

2016年11月28日

放送大学

「マチュピチュの出会いと古代アンデス文明展」を横浜市で開催

放送大学(学長:岡部洋一、本部:千葉市)、日本マチュピチュ協会(本部:名古屋市)は、ペルー共和国クスコ県マチュピチュ村の創設発展に尽力した、マチュピチュ村元村長 野内与吉(のうちよきち)氏と、中南米各地で実業家として成功した天野芳太郎(あまのよしたろう)氏の出会いから始まった古代アンデス文明研究の成果を展示する「マチュピチュの出会いと古代アンデス文明展」を、神奈川県横浜市 横浜みなと博物館にて開催いたします。

1.開催情報
【開催場所】横浜みなと博物館 特別展示室(神奈川県横浜市西区みなとみらい2-1-1)
【開催日】 2016年12日3日(土)~12月25日(日)
【入場料】 大人600円、割引料金400円(60歳以上の方・しょうがいのある方・学生(要証明書))高校生以下無料
【主催等】
主催:放送大学、日本マチュピチュ協会
共催:天野博物館友の会、BIZEN中南米美術館
後援:在日ペルー共和国大使館、横浜市、神奈川新聞社、FMヨコハマ、横浜商工会議所、神奈川県中小企業家同友会、横浜貿易協会
協力:東京大学総合研究博物館、クントゥル・ワシ博物館、東京大学・埼玉大学アンデス調査団、横浜みなと博物館、帆船日本丸記念財団、野外民族博物館リトルワールド、天野芳太郎顕彰会、日本書学館、横浜市ふるさと歴史財団、(株)ニューリー、(株)中日映画社、(株)朝日プリンテック、(株)横浜岡田屋、(株)ワンウィル、(有)中山商店、(株)彩流工房

2.展示内容
・マチュピチュ巨大写真(3m×10m)
・野内与吉遺品(約20点):マチュピチュ鉄道関連の工具等 
・天野芳太郎遺品(約20点):著書、自筆の手紙など
・古代アンデス古代文明出土品(約50点):土器、織物、古代裂、ミイラ頭骨、黄金装身具レプリカ、等
・アンデスの現代の文化を表す民具等(約50点)  
・その他
※会場は全面的に写真撮影可
※民族衣装の貸し出し試着(無料):マチュピチュの前での記念写真可