Aptuit Holdings, LLC新会長にピーター・グレー氏

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Aptuit Holdings, LLC新会長にピーター・グレー氏

AsiaNet 66649 (1520)

【グリニッチ(米コネティカット州)2016年11月28日PR Newswire=共同通信JBN】Aptuitは28日、ピーター・グレー(Peter Gray)氏を取締役会会長に任命したと発表した。

Logo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20150709/234432LOGO

グレー氏は2015年3月以来、Aptuitの非執行取締役を務めていたが、会長に就任する。

グレー氏は「会長に就任することを光栄に思う。他の取締役会メンバー、ジョナサン・ゴールドマン最高経営責任者(CEO)やすばらしい科学者とともに働くことを楽しみにしている。Aptuitはすばらしい高品質のPartner Research Organization (PRO)として一流の評価がある。中心的な方針を維持しながら、同社の一層の発展を手助けできることを喜んでいる」と語った。

グレー氏は2015年3月以来、Aptuitの非執行取締役だった。また、UDG Healthcareの会長、Jazz PharmaceuticalsとTekroの取締役も務めた。その前は、製薬業界の世界的な委託開発サービスのプロバイダーであるICON Clinical Research(アイコン)の副会長兼CEOだった。

Aptuitのジョナサン・ゴールドマンCEOは「ピーター(グレー氏)がAptuitの会長に就任することを喜んでいる。彼はCRO(受諾臨床試験機関)業界で並外れて広範な経営経験と顧客関係を持ち、当社の発展の前進に多大な貢献をするだろう」とコメントした。

また「Aptuitは文字通り同じ屋根の下でGMP(適性製造基準)(API=医薬品原薬と医薬製品)とGLP(優良試験所基準)を発展させるだけでなく、エンドツーエンドの完全統合された発見をもたらすことができる唯一のPROである」と付け加えた。

▽Aptuitについて
Aptuitは、製薬業界の中間段階にある医薬品開発サービスに対し、最も包括的な早期発見法を提供する。これには薬物設計&発見、API(医薬品原薬と医薬製品)の開発・製造、固体化学、CMC(前臨床段階の化学・製造・品質管理)、GLP(優良試験所基準)/GMP(適性製造基準)プログラムを可能にする前臨床&IND(治験薬)などのサービスが含まれる。完全統合された医薬品発見・開発サービスは、英国、イタリア、スイスにある同社施設で利用できる。

Aptuit Holdings, LLCは、世界的な有力プライベートエクイティ投資家であるWelsh, Carson, Anderson & Stoweと提携している。

詳細はウェブサイトhttp://www.aptuit.com を参照。

ソース:Aptuit Holdings, LLC