駒澤大学とバリアンメディカルシステムズ 放射線治療人材教育センターを設立

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

駒澤大学とバリアンメディカルシステムズ 放射線治療人材教育センターを設立

AsiaNet 66656

駒澤大学とバリアンメディカルシステムズ
放射線治療人材教育センターを設立

東京 並びに 米国カリフォルニア州パロアルト - 2016年11月28日 - /PRNewswire/ --
駒澤大学(学長:廣瀬良弘)とバリアンメディカルシステムズ(NYSE:VAR)は本日、日本で新規に高度な放射線治療人材教育センターを設立することを発表しました。東京都世田谷区にある駒沢キャンパスという好立地を得た本教育センターは、高度な機能を有するバリアン社製リニアック(医療用直線加速器)であるTrueBeam(TM)が設置され、癌治療のための高度な放射線治療の実施を支援する医療従事者と学生のための教育コースを提供します。

本教育センターは、バリアン社製TrueBeam(TM)に加え、放射線治療計画システムEclipse(TM)、放射線治療データ管理システムARIA(R)の実機を利用した教育コースを実現します。本教育センター設立の目的は、医療従事者に対してバリアン社の製品を用いた放射線治療技術に関する知識やスキルの向上のみならず、駒澤大学における学生に対する放射線治療技術教育の高水準化を確かなものとすることにあります。
「日本国内における癌罹患数の増加を鑑みると、放射線治療を高い水準で実施できる熟練した医療従事者の数を増やすことが重要です。この放射線治療人材教育センターにおけるバリアン社とのコラボレーションにより、癌との闘いのために、我々は放射線治療専門技術者という人材をより多く輩出し、重要な技術の有効性を高めるための機会を持つことができます。」と駒澤大学医療健康科学部の保科正夫教授は語ります。
「我々はこの新しい放射線治療人材教育センターにおいて、駒澤大学と協力関係にあることを光栄に思います。本教育センターの目的は、医療従事者が癌の治療における患者ケアを強化し、放射線療法の活用拡大を支援する教育プログラムを提供することです。」とバリアンメディカルシステムズ日本法人代表取締役のシロン ミッチェルは語ります。

バリアン社のリニアック(医療用直線加速器)であるTrueBeam(TM)は、放射線治療や外科的放射線治療における機能的に同期した画像取得、患者位置決め、モーションマネージメント、照射技術など数々の一貫した技術革新を搭載しています。

駒澤大学について
学校法人駒澤大学は、大学2校(駒澤大学・苫小牧駒澤大学)、附属高等学校2校(駒澤大学高等学校・駒澤大学附属苫小牧高等学校)を設置し、仏教の教えと禅の精神である「行学一如」を建学の理念とし教育・研究活動を実践しています。

駒澤大学は、その前身からすると420年以上の歴史を誇り、1882年(明治15)年に近代的大学として開校されてから数えても130年余りに及ぶ歴史と豊かな伝統を持つ私立大学で、現在、15,500人が、診療放射線技師を養成する医療健康科学部をはじめとする7学部、8大学院研究科で学ぶ総合大学です。「行学一如」とは、仏教の高い倫理観のもと、自己形成のための「行」と学問研究の「学」は一体であるということ、つまり学問研究を自らの血とし肉としながら自己形成をはからなければならないという意味です。時代に流されることなくその動きを正確に洞察し、自分の進むべき道を自分の力で適切に判断して、将来その道を歩むのに不可欠な知識・技能・資格を身に付けながら、自己形成を行なうこと。この絶えざる自己形成こそが駒澤大学が掲げる理想の学びです。全学部がひとつのキャンパスにまとまった「総合大学」である駒澤大学の最大の教育的魅力とは、多種多様な学問や知識に触れることができる点です。詳細については、https://www.komazawa-u.ac.jp/ をご覧下さい。

バリアン メディカル システムズ(Varian Medical Systems)について

米カリフォルニア州パロアルトに本社を置くバリアン メディカル システムズは、癌治療およびX線画像の先進テクノロジーを世界に提供することによって命を救うことに全力を挙げています。同社は、癌などの病気を放射線で治療するための医療機器とソフトウエアで世界的なリーディングカンパニーであり、放射線治療の包括的ソリューションを提供しています。またバリアン メディカル システムズは包括的に癌治療の医療機関をサポートするための情報システムを供給しており、その他にも安全性、非破壊テストのためのX線管球、デジタル検知装置、ケーブル、連結装置などのX線画像コンポーネント、画像処理ソフトウエア、ワークステーションを提供しているプロバイダーです。バリアン メディカル システムズの従業員数は約7,700人になり、北米、欧州、中国の製造施設と世界各地の販売、保守サポートの拠点にて活動しております。詳しい情報はhttp://www.varian.com をご覧いただくかTwitterでフォローをお願いします。

Press Contact
Mark Plungy
Varian Medical Systems
+1 (650) 424-5630
mark.plungy@varian.com

駒澤大学総務部広報課
03-3418-9828
koho@komazawa-u.ac.jp

ソース Varian Medical Systems

(日本語リリース:クライアント提供)