オーストリアとUNIDOがGlobal Impact Investment Foundation支援で共同宣言に調印

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

オーストリアとUNIDOがGlobal Impact Investment Foundation支援で共同宣言に調印

AsiaNet 66675(1532)

【ウィーン2016年11月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*インパクト投資と社会的起業家精神にとっての大きな節目を達成

オーストリアのクリスティアン・ケルン首相と国連工業開発機関(UNIDO)の李勇事務局長が調印した共同宣言は、UNIDOと「Global Impact Investment Foundation(グローバルインパクト投資基金、GIIF)」との協力開始を示している。インパクト投資は、国連のアジェンダである持続可能な開発目標(SDGs)を履行するための重要な手段の1つである。

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161125/442934

(Photo: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161125/442933

Global Impact Investment Foundationは、適切な市場構造とツールを開発し、社会的起業家を勇気付け、可能性を与え、彼らをインパクト投資と結びつけることによって、世界中でインパクト投資を促進、活発化することに注力している。

起業家でインパクト投資家でもあるGIIF会長のアロン・シュクラレク氏は共同宣言の調印を極めて重要な節目と考えている。「社会的起業家精神は、持続可能な開発目標を進展させる推進力である。今回の調印とオーストリア政府とUNIDOのグローバルインパクト投資基金への積極的支援は総じて、そのような社会的起業家とインパクト投資アジェンダのそれぞれにとって非常に重要な節目となる」

クリスティアン・ケルン首相はオーストリアにとっての協力の重要性を強調する。「われわれは、人々に自国での良い生活環境のチャンスと展望を提供すべきであり、回避してはいけない。インパクト投資は人々を住んでいる国で助け、その国と協力する最も合理的方法の1つである。共同宣言によって、われわれはUNIDOとともにGIIFと協力し、インパクト投資のパイオニアとしてのウィーンの地位を確立したい」と首相は強調する。

「インパクト投資の市場は現在、主流になることに伴い重要な転換点を迎えている」とUNIDOの李勇事務局長は語った。事務局長はさらに、GIIFと共に優れた実践と新しい方法を開発、交換することにUNIDOが強い関心を示していることを表明した。

http://www.giifoundation.org

▽問い合わせ先
Richard Vrzal
contact@giifoundation.org
+43-676/5114338

ソース:Global Impact Investment Foundation (GIIF)