Afero、日本・アジア太平洋営業担当VPに五嶋義典氏を起用

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

Afero、日本・アジア太平洋営業担当VPに五嶋義典氏を起用

AsiaNet 66691

Afero、日本・アジア太平洋営業担当VPに五嶋義典氏を起用

旧Broadcom、Marvellの元幹部の主導のもと、日本における営業活動を本格始動

東京、2016年11月29日 /PRNewswire-AsiaNet/ -- セキュアで信頼性の高いコネクティビティを実現するためのエンドツーエンドのIoTプラットフォームを提供するAfero (http://www.afero.io/ ) は本日、日本・アジア地域の営業担当VPに五嶋義典氏を迎えることを発表しました。今後設立予定の日本法人にて、日本ならびにアジア太平洋地域の製造メーカー、システムインテグレーターおよびデベロッパーをサポートする予定です。

ロゴ: http://photos.prnewswire.com/prnh/20160518/369291LOGO

AferoのCEO兼共同創業者 Joe Brittは、「日本のイノベーションのスピードには目ざましいものがあり、顧客となる製造メーカーも、革新的な製品を開発していこうとする意欲があります。Aferoは、IoTクラウド接続デバイスの開発におけるIoTの最大の課題である、セキュリティとコネクティビティを解決します。多くの企業がセキュアに接続できる製品を市場で販売するのを応援していきたいと思います」と述べています。

IDCによると、アジア太平洋のIoT市場規模は、10年以内に5830億 (http://www.idc.com/getdoc.jsp?containerId=prHK25553415 ) 米ドルとなり、IoT市場の半分 (http://blogs.wsj.com/cio/2015/06/02/internet-of-things-market-to-reach-1-7-trillion-by-2020-idc/ )を占めると予測されています。Aferoは、広範囲なアジア太平洋地域でIoTソリューションの主要プロバイダーとなり、IoT参入を目指す企業の注目を集めることになります。

Afero共同創業者 松村慎一郎は、「五嶋氏はワイヤレス産業における優れたリーダーとしての長年に渡る実績があり、製造メーカーの事業拡大支援に精通しています。"世界中の有力企業が、IoT関連事業にて成功事例を作っていくことをサポートできるようなプラットフォームとなる"という長期ビジョンの実現に向けて、事業の成長を促進してくれると確信しています」と話しています。

五嶋義典氏は当社就任前、Broadcomでジャパン・カントリーマネジャーを務めました。この間、すべてのネットワークおよびインフラストラクチャ製品事業の責任者として、ソニー、任天堂、キャノン、カシオ、NTT、NECなど、有力企業との良好な関係の維持に貢献しました。Broadcom就任前は、Marvell Japan、Oak Technology、さらにHMEの上級管理職を務めました。

Aferoは5月にSamsung Catalyst Fund、Presidio Ventures (http://www.presidio-ventures.com/ )、三信電気株式会社、(https://www.sanshin.co.jp/en/ )、ソフトバンク (http://www.softbank.jp/en/ )、Fenox Venture Capital (http://fenoxvc.com/ )、Assembly Fund、Linear Technology共同創設者Robert C. Dobkin参加による出資を受け、2030万ドルを調達しました。

Afero (https://www.afero.io/ ) とターンキーIoTプラットフォームの詳細についてはwww.afero.io をご覧ください。

Aferoとは
Google、Apple、Nest、Danger、Microsoft、Amazon、Twitter、Netflixのモバイルおよびハードウエア経験者の集団によって創設されたAferoは、全産業向けのクラウド接続デバイス向けのセキュアで信頼性の高いプラットフォームを提供しています。Aferoは、製品開発からセキュリティとコネクティビティを取り出すテクノロジーを活用して、製品開発の短期化・簡素化を実現できるようにデザインされています。デバイス製造業者はAferoを使用することにより、IoT業界特有の課題を意識せずに、スマート製品やアプリケーションの機能に集中することができます。Afero社は様々な業界のOEMと協力してセキュアで使いやすい接続デバイスを市場に送り込んでいます。コネクテッドエコシステム(エッジデバイス+ハブ+クラウド+デベロッパツール)全般に関わるシステムデザインアプローチを採用しており、グリーンフィールド(クリーンシート)とブラウンフィールド(レガシー)の製品デザインにすばやくコネクティビティ組み込むことが可能です。

情報元  Afero

メディア連絡先
Israel Hernandez - Afero
press@afero.io

(日本語リリース:クライアント提供)