勝利の象徴、ウサイン・ボルトがフランスNo.1のシャンパンハウス、メゾンマムの新CEOに

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

勝利の象徴、ウサイン・ボルトがフランスNo.1のシャンパンハウス、メゾンマムの新CEOに

AsiaNet 66685

勝利の象徴、ウサイン・ボルトがフランスNo.1のシャンパンハウス、メゾンマムの新CEOに

ニューヨーク(米国)、2016年11月28日/PRニュースワイヤー/ --

メゾンマムは本日、世界で最も大胆で多くのメダルを保持するアスリートのひとりであるウサイン・ボルトを新しいCEO(チーフ・エンターテイメント・オフィサー)に特別任命したことを発表しました。リオでの勝利の後の数か月間、次の計画を熟慮した結果、ボルト氏は自身のキャリアにおける大きなチャレンジとなるフランスで一番のシャンパンハウス[1]、メゾンマムのCEOを引き受けるとの特別声明(https://www.youtube.com/watch?v=tn5fVdL_rO4 )を出しました。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください。

http://www.multivu.com/players/uk/7990651-usain-bolt-appointed-maison-mumm/

「マムの新CEOウサイン・ボルト」と題したビデオでは、台の上でマムのボトルがドラマチックに輝きます。ボルト氏がスクリーンに登場してボトルを取り上げます。それから予想外にもそれを金メダルで切るしぐさをします。

ボルト氏の新たな任務は、マムのエネルギー、激しさ、魅力的なフレッシュさでいたるところの消費者に祝賀を届けるユニークで大胆な方法を率先して考えることです。彼のマムでの長期目標は、世界を湧かせる戦略の陣頭指揮をとり、最終的にはメゾンマムを米国でトップのシャンパンハウスにする取り組みを支援することです。

ボルト氏は、マムで初となるチーフ・エンターテイメント・オフィサーの肩書には極めて適任です。スポーツにおける彼のリーダーシップには、並ぶ者がいません。勝利の追求と、勝利の後祝賀を分かち合う彼のよく知られた人柄は、世界中の大勢のファンを楽しませてきました。ボルト氏のモットー、「何だってできる。限界は考えない」(Anything is possible; I don't think limits)はメゾンマムのモットーである「最上のみ」(Only the best)や当社の精神の「挑戦、勝利、祝う」(Dare. Win. Celebrate)と完全に一致します。

ボルト氏は、次のように述べました。「メゾンマムのCEOの職務を引き受けて、大胆な方法で祝福し、楽しませるとはどんなことなのかを世界に示すことができるのは光栄です。私の第一の使命は勝利を祝うマムのレガシーを驚くような方法で強化することであり、世界中のファンを招いてともにグラスを傾けるのを楽しみにしています」

ボルト氏の新たな役割は、マムの先駆的な本質にふさわしく、大胆で予期せぬことをするブランドの傾向を証明しています。今年初め、マムは新デザインのボトルを紹介して伝統的なシャンパンボトルのスタイルを革命的に変化させ、再定義しました。受賞歴のある英国人デザイナー、ロス・ラブグローブが作り上げたマム・グランコルドンは、メゾンマム189年の歴史上最も革新的なデザインです。ボトルの革命的な形、特に長く細い首のため従来のシャンパン製造の全工程を刷新しなくてはなりませんでした。高級シャンパンに特有の正面のラベルがありません。代わりにG.H. Mumm(G.H.マム)の名前とワシのエンブレムがゴールドでガラスに直接印刷されています。さらにメゾンマムは革新ばかりでなく、常に祝賀の限界を広げており、これまでにコルクがはじけると会場にインタラクティブなサウンド・ビジュアル体験を引き起こすようデジタル接続した、初のシャンパンボトル(http://digitalpressroom.mumm.com/mumm-launches-an-innovation-with-mark-ronson-to-push-the-limits-of-the-celebration-experience/ )とシャンパンハウスで初となるドローンを使ったボトルの配達(http://digitalpressroom.mumm.com/on-august-30-31-maison-mumm-will-unveil-spectacular-beach-delivery-for-its-mumm-grand-cordon_6163_6163/ )のプレミアを行いました。

マーテルマム・ペリエジュエ会長兼CEOのセサル・ギロンは、「メゾンマムは、ファンの皆さんと共に思いもよらない祝賀方法を探ります。ウサインをわが社のチーフ・エンターテイメント・オフィサー任命することで、世界中の大小の祝賀と勝利の瞬間を大胆に革新し、独自の興奮をもたらすよう緊密に連携します」と述べました。

マムの歴史を通してわが社は、1904年に探検家のジャン=バティスト・シャルコーの初めてのフランス領南極地域探検を支援するなど、あえて古い習慣から抜け出す先駆者たちと連携してきました。同様にボルト氏の指名は、彼とメゾンマムの間で予定している心躍る一連の仕事の大胆な第一歩です。ボルト氏とマムが思い描くものをあえて体験したい方は、楽しくワクワクし、刺激になること間違いない今後の発表にhttp://www.mumm.com/ で引き続きご注目ください。

------------------------------
1. IWSR の情報
     (写真: http://photos.prnewswire.com/prnh/20161126/443016

情報源:メゾンマム

(日本語リリース:クライアント提供)