AI企業Appier: シリーズBの資金を追加調達し、AIを活用したソリューションの開発とさらなる発展を促す

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2016年12月1日

Appier,Inc

Appier、シリーズBの資金として1,950万米ドルを追加調達
AIを活用したソリューションの開発とさらなる発展を促す

AI(人工知能)テクノロジー企業のAppier(エイピア、以下Appier、本社:台湾、共同創業者/CEO:チハン・ユー)は、シリーズBの資金として、(テマセク・ホールディングスの一員である)Pavilion Capital International Pte Ltd、WI Harper Group、(カザナ・ナショナルの一員である)FirstFloor Capital、およびQualgroから1,950万米ドルの追加調達したことを、本日発表しました。同社は、AIを活用したサービスの研究開発と、アジアにおける継続的な雇用および市場拡大に資金を活用します。今回の資金調達によりAppierのシリーズBの総資金額は計4,250万米ドルとなり、現在までの総資金額は4,950万米ドルに達します。昨年最初のシリーズBの資金調達を行ってから、Appierの事業規模は3倍しています。

加えてAppierは、台湾、日本、並びにシンガポールにおけるAixon Platformのパイロット販売についても発表しました。さまざまな企業がユーザーデータを収集、分析し、マーケティング判断を行うための情報となる知見を生成するのに役立つプラットフォームです。 Aixon Platformは、データの予測的分析を通じて企業が意思決定を行うためのよりよい情報を提供できる、人工知能型ビジネスツールの開発に向けて一歩を踏み出しました。

Pavilion Capital International Pte LtdのChee-Kong Chounは、「クロススクリーンにおける人工知能に対するこの早期の投資により、Appierはテクノロジー業界を席巻する大きな変化の最前線に立っています。私たちは、Appierが製品開発と成長の次の段階に進むにつれ、彼らとのパートナーシップにわくわくしています。」と述べました。

企業が対応しなければならないデータの量は爆発的に増加しました。実際、ここ2年間で生成されたデータの量は、人類の過去の歴史全体において生成されたデータの量よりも多いのです。しかし、このようなデータから有益な知見を抽出するにあたって、企業は課題に直面しています。有資格者とテクノロジーがともに不足し、そのことがビジネスの成長に対する深刻な制約となりつつあります。
「今日のビジネスは、どんどん複雑化し、ハイペースで動き、相互接続されたオンラインおよびオフライン環境で意思決定と業務を行わなくてはなりません。人工知能は、企業に大きな影響を与える複雑な問題を解決する最良のアプローチです。」と、Appierの共同設立者兼CEOであるチハン・ユーは述べました。「今回の資金調達により、今日産業界が直面している問題のいくつかを解決するのに役立つAIベースのビジネス製品への投資を継続できます」

「AIは私たちが生活し、働いているこの世界を再定義してしまうような次世代テクノロジーの大きな波です。Appierの過去4年間の業績は、このテクノロジーに対するビジョンと集中の結果です。私たちは、次の成長段階に向けて準備しているAppierを支援できることをうれしく思います。」と、WI HarperのEdward Liuは述べました。

「データを実行可能にすることは、今日の企業にとって大きな課題です。2012年の創業以来、Appierは、アジア各地のブランドが消費者を理解するための手助けをし、デバイス間の移動を多様化させる支援を行いました。熟練した人工知能学者のチームにより生み出された、データを知見に変えるテクノロジーに対して彼らが継続的に注力していることは、Appierに対する私たちの大きな信頼につながっています。」と、FirstFloor CapitalのマネージングディレクターであるNizar Aliは述べました。

QualgroのマネージングパートナーであるHeang Chhorは、「アジア発のクロススクリーンファーストのテクノロジー企業として、Appierは革新的かつ費用対効果の高いプラットフォームであり、人工知能を活用して消費者のロイヤルティとコンバージョンを向上させています。オーストラリア、ニュージーランド、およびその他のアジア地域で拡大するAppierチームと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。」と述べました。

Appier,Incについて
2012年設立のAppierは、AI(人工知能)を活用し、マルチデバイス時代における企業の成長と成功を支援するテクノロジー企業です。Appierの研究開発チームは、AI、データ分析、分散処理システム、マーケティングの経験を有するコンピューター科学者とエンジニアの熱意あふれるメンバーによって構成されています。社員は、グーグル、楽天、ヤフー、インテルのほか、ハーバード大学やスタンフォード大学の有名なAI研究グループの出身です。Appierは台北に本社を置き、東京、シンガポール、シドニー、ホーチミン、マニラ、香港、ムンバイ、デリー、ジャカルタ、ソウル、クアラルンプールのアジア全域に計12の拠点を構え、500を超える世界中のブランドと代理店にサービスを提供しています。詳細はwww.appier.com/jp/ をご覧ください。

Appierのサービスに関するお客さまからのお問い合わせ先:
Appier Japan株式会社 [Appier Japan K.K.]
電話: 03-6435-6617