阪南大学が「秘書技能検定」で団体優秀賞を受賞

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
秘書技能検定講座を受講する阪南大学生

平成29年3月8日

阪南大学

阪南大学が「秘書技能検定」で団体優秀賞を受賞

阪南大学が公益財団法人実務技能検定協会主催で文部科学省が後援している「秘書技能検定」で4年連続8度目の団体優秀賞を受賞した。「秘書技能検定」は、社会人として必要とされる基本的な知識・マナー・常識を有することを証明する資格。企業によっては、社員教育への導入や資格取得を必須としているケースも多くあり、業種・職種を問わず仕事に活かすことのできる資格と言われている。平成28年度において、「秘書技能検定」の全体の合格率が2級(57.8%)、準1級(34.1%)に対し、阪南大学は2級(86.7%)、準1級(89.3%)と非常に高い合格率であった。阪南大学では、資格取得支援プログラムで多くの資格講座を開講し、平成28年度は約800名が資格講座を受講している。