クライメート・コーポレーションの最高経営責任者、2017年度 年間最優秀アグリビジネスリーダーに選出

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年3月7日

日本モンサント株式会社

農業イノベーションの次世代を築くモンサントの子会社クライメート・コーポレーション

The Climate Corporation (クライメート・コーポレーション)のマイク・スターンCEO、
2017年度年間最優秀アグリビジネスリーダーに選出される
農業イノベーションの次世代を築く立役者として企業を確立したスターン氏

本文書の正式言語は英語であり、その内容につきましては英語を優先します。原文は本社のウェブサイトをご参照下さい。
=====
   2017年2月27日 サンフランシスコ(米国) 本日、National Agri-Marketing Association(全米農業マーケティング協会:NAMA)は、モンサントの子会社であるThe Climate Corporation (クライメート・コーポレーション)のマイク・スターン最高経営責任者を、2017年度 年間最優秀アグリビジネスリーダーに選出しました。
   この賞は、農業関連産業界における官民セクターおよび学会の傑出したリーダーシップを顕彰するもので、毎年、アグリビジネスで優れた事例を示し、業界に顕著に貢献したシニアエグゼクティブに授与されます。中でも年間最優秀アグリビジネスリーダーは、NAMAから授与される最高の賞です。
   スターン氏は、農業生産者が直面する諸問題への深い理解と、「環境への影響を最小限に抑えながら、増大する人口の食糧を確保すること」という最も差し迫った課題解決への情熱をもって、この賞の精神を具体化しています。この課題解決の最前線に立つスターン氏と彼のチームが駆使するのがデジタル農業です。デジタル農業は、農業の生産性と効率性において大飛躍をもたらす可能性をもっています。The Climate Corporationは、融合された農地データの連動性、リアルタイムのデータ可視化、そして高度なデータサイエンスによる知見を組み合わせ、農業生産者がデジタル農業プラットフォームであるClimate FieldView™(クライメート・フィールドビュー™)を活用して自らの農地の状態をより深く把握するお手伝いをしています。こうしたツールは、播種や作付け管理の効率向上、土地の肥沃度や作物の健康状態の改善、そして最終的には生産者が生産性を最適化するための全ての重要な決定を下す上で、米国やその他世界各地で農業生産者にすでに大きな変化をもたらしています。
   2014年のThe Climate Corporation入社後、スターン氏は、サービス対象の作付面積を3,500万エーカー(約1,400万ヘクタール)から1億エーカー以上(約4,050万ヘクタール)へと拡大し、同社を成長に導きました。Climate FieldView™プラットフォームが、米国で最も広範に活用されるプラットフォームになるのに、2シーズンもかかりませんでした。また、スターン氏のリーダーシップのもと、Climate FieldView™プラットフォームは、最近ではカナダやブラジルなど、世界の新しい地域で拡大を続けています。2016年11月には、ヨーロッパ市場での第一歩として、エストニアのタリンに本拠地をおく農場管理ソフトウェア会社であるVitalFieldsを買収しました。The Climate Corporationは今後数年のうちに、Climate FieldView™プラットフォームをヨーロッパ、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンにも導入する予定です。
   最近では、Business Intelligence Group(ビジネス・インテリジェンス・グループ)が、Climate FieldView™プラットフォームを、2017年度BIGイノベーションアワードの会長賞5件中の1つに選出しました。これはClimate FieldView™が、2017年の製品イノベーションの中で上位5件に入ったことを意味しています。
   技術革新を進めるコミットメントをさらに深めるため、The Climate Corporationは2017年1月、デジタル農業に関する強力な研究開発パイプラインを発表しました。目指すのは、新しいデジタル技術を農業生産者に提供し続けることにより、耕作地の変動性をより理解し、栽培技術をカスタマイズして単位面積当たりの収量増加の支援をすることです。

   The Climate CorporationとClimate FieldView™プラットフォームについての更なる詳細については、ウェブサイトwww.climate.comをご覧ください。

The Climate Corporation(クライメート・コーポレーション)について
モンサント・カンパニーの子会社であるThe Climate Corporationは、デジタルツールの活用を通じて、生産性の持続的な向上を求める世界のあらゆる農業生産者を支援することを目指しています。総合的なClimate FieldView™デジタル農業プラットフォームは、包括的で連結性の高いデジタルツールを生産者に提供します。途切れのない農地データの収集と進化した栽培技術モデルと地域の気象モニタリングとを、モバイルでもパソコンでも使えるシンプルなソフトウェア・ソリューションにまとめたClimate FieldView™プラットフォームがあれば、生産者は自らの農地のことをより深く把握することができ、収量の最適化、効率の最大化、リスク削減に関する幅広い情報にもとづいた経営判断が可能になります。より詳しくは、ウェブサイトwww.climate.comをご覧になるか、ツイッターで@climatecorpのフォローをお願いします。

モンサント・カンパニーについて
モンサント・カンパニーは、人口が増え続ける世界の人々に必要な食料を供給するために役立つ広範囲なソリューションを提供することに取り組んでいます。当社は、果物や野菜からトウモロコシ、ダイズやワタといった主要穀物まで、農業生産者が十分な量の栄養のある食料を生産するのに役立つ様々な種子を生産しています。当社は、農業生産者が、天然資源を保全し、農業を改善するためのデータを用い、水や他の重要な資源をより効率的に使用し、そして作物を害虫や病気から守るために役立つ持続可能な農業ソリューションを提供するため尽力しています。プログラムやパートナーシップを通じ、当社は、農業生産者、研究者、非営利団体、大学など、世界的な課題に取り組む人々と協力し合っています。モンサント・カンパニーや当社の取り組み、および問題解決のため献身的に取り組んでいる20,000人を超える従業員についての詳細は、discover.monsanto.comおよびmonsanto.comをご覧ください。ツイッターのwww.twitter.com/MonsantoCoやブログのwww.monsantoblog.comのBeyond the Rows(R)、或いは、当社のNews Release RSS Feedを購読されますと、さらに詳細な情報をご覧いただけます。

NAMAについて
NAMAは全米で最大のマーケティングとアグリビジネスの専門家による団体です。
NAMAは、60年にわたり、「年間最優秀アグリビジネスリーダー」や「年間最優秀NAMAマーケッター」の表彰などの事業を通じて、業界における卓越した取り組みを奨励・顕彰しています。より詳しくは、ウェブサイトnama.orgをご覧になるか、ジェニー・ピケット(電話(913)491-6500またはメールjennyp@nama.org)にご連絡ください。

日本モンサント株式会社の取り組みや事業についての詳細は、こちらをご覧ください。
【Website】 http://www.monsanto.co.jp/
【Facebook】 https://www.facebook.com/MonsantoJapan
【Twitter】 https://twitter.com/monsantojapan
【Blog】  http://www.monsantojournal.jp/

この件に関するお問い合わせ先
日本モンサント株式会社
E-mail: bio.info@monsanto.com