OYO FitnessがKickstarterで記録的な販売を達成

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

OYO FitnessがKickstarterで記録的な販売を達成

AsiaNet 67702(0334)

【カンザスシティー(米ミズーリ州)2017年3月8日PR Newswire=共同通信JBN】
*総額65万9000ドルはKickstarter(キックスターター)の歴史でフィットネス製品として2番目の多さ

DoubleFlex BlackポータブルジムのメーカーOYO Fitness(https://www.oyofitness.com/ )はわずか6週間で、クラウドファンディング・サイトのKickstarter(http://kck.st/2lmsXZN )で4200人から65万9000ドルを越える予約注文を受けた。DoubleFlex Blackが集めた金額はキックスターターで提案されたエクササイズ製品として2番目に多く、同サイトのすべてのクラウドファンディング製品としてもトップ1パーセントにランクする栄誉を担う。

Photo - http://mma.prnewswire.com/media/474630/DoubleFlex_Black_from_OYO_Fitness.jpg

発明家で同社創設者兼最高経営責任者(CEO)のポール・フランシスは「OYOのチームは画期的なフィットネス製品を開発したと思っていたが、この市場からの反応にはまったく度肝を抜かれた。OYOは現在、米国および海外の販売会社と協力してこのDoubleFlexジムをすべての人に渡るようにしたいと鋭意努力している」と語った。

DoubleFlex Blackトータルポータブルボディージムは重さわずか2ポンド(約0.9キロ)ながら、バーベルをしているような感じで、負荷をスムーズに25ポンド(11.3キロ)まで上げられる。この負荷をかけるための特許取得済みのSpiraFlex技術は米国航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士が宇宙で健康に保つために使っている。

DoubleFlexは一つの動きで両サイドの筋肉に負荷をかけることができる唯一のエクササイズ機器で、通常の時間の半分でバランスの良い肉体を作ることができる。このポータブルジムは、重さや弾みといったものに頼ることなしに体の動きとパワーを合体させ、いつでもどこでもフィットネスが行える新しい方法だ。

DoubleFlex Blackは初代DoubleFlexの第2世代製品にあたり、負荷の増大、ケーブルの延長などの特長を持ち、畳んでバックパックやキャリーバッグに収納することもできる。

フランシス氏は「NASAは宇宙飛行士を無重力状態による骨量減少や筋萎縮から守る方法を探していた。NASA(https://www.youtube.com/watch?v=mCWBH4uyF8c )の調査で私のSpiraFlex技術を使えば、バーベルと同じくらい無駄のない筋肉を増やすことができることが分かった。その結果、私のチームが選ばれ、国際宇宙ステーションの無重力状態でも宇宙飛行士のフィットネスを高め、筋肉を増強するための初のミッションクリティカルな体力トレーニング装置を開発することになった」と説明した。

OYOでフィットネス部門のディレクターを努めるニック・ボルトン氏は「宇宙で浮遊した状態というのは地上で椅子に座りっぱなしの生活スタイルを送るのと似ている。週に2、3度負荷をかけるトレーニングをしないと体は次第に萎縮し始める」と述べた。

フランシス氏はフィットネスの発明家としてすでに業績を残している人物で、過去にもSpiraFlexをNautilus, Inc.にライセンス供与しており、同社はその技術を使って現在に至るまで最高のホームジムと言われているBowflex(R)Revolution(R)を作った。

ソース:Oyo Fitness