カメラ画像処理技術を用いたエレベーター用 ロープ保守点検製品「ロープテスター」を開発

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
ロープテスター 構成

2017年3月21日

株式会社明電舎

エレベーター業界初 画像認識技術で保守点検を行う新製品
カメラ画像処理技術を用いたエレベーター用
ロープ保守点検製品「ロープテスター」を開発

株式会社明電舎(取締役社長:浜崎祐司 / 東京都品川区、以下明電舎)は、エレベーターのロープ点検製品ロープテスター(以下、本製品)を開発しました。明電舎はエレベーター用モーター及びインバーターの製造・販売を行っており、本製品の開発によりエレベーター用ロープの保守点検製品も今後新たにラインナップとして加わります。
今回の開発を行った背景として、エレベーター市場において、国内海外ともに保守点検需要の高まりと、特に海外では中東・ASEANを中心に高層ビル向け高速エレベーターが増加傾向にあることによります。

ロープ式エレベーターの点検時には、技術員によるロープ径の測定、目視点検および素線破断数の確認を必要とし、特に高層階の建物における点検時間の短縮化と効率化が求められています。本製品は、鉄道の架線を走行しながらカメラで撮影、画像処理を行い点検する明電舎独自製品である架線計測システム「カテナリーアイ」の技術を応用したもので、日本オーチス・エレベータ株式会社と共同で開発、日本で特許申請を出願しました。これまで、磁気探傷方式でのロープテスターが一般的でしたが、カメラで撮影し画像処理を行ったロープテスターは業界初※1です。

特長
・新設エレベーターだけではなく、既存各社エレベーターでも使用可能。
・エレベーターを最下階から最上階に定格速度で一度起動させるだけで、
メインロープの全長のロープ径を自動測定することが可能となるため、作業効率が向上。
・作業員による手作業測定を省くことができ、作業員の安全性を確保可能。
・ロープの劣化状況をより迅速に把握し予測することに役立てることができ、
部品交換計画が立てやすい。

明電舎は、ロープテスターの市場展開に向けた準備を進めるとともに、現場で撮影した画像をIoTで結び遠隔監視ができるよう更なる改良をしていきます。また、エレベーターのみならずロープ点検が必要な、船舶や建設機械などへ適用拡大を目指し、社会インフラを支える企業として取り組んでまいります。

※1当社調べ