“あおり運転”に巻き込まれるトラブルにも効果を発揮するドライブレコーダー

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
CSD-690FHR 前方と車内を同時に高画質録画できるドライブレコーダー 3年保証 国内自社工場生産

2017年10月26日

セルスター工業株式会社

自動車関連エレクトロニクス製品の開発・製造・販売を主業務とする
セルスター工業株式会社
(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:勝永 猛雄)は、前方と車内を
同時録画が出来るドライブレコーダー「CSD-690FHR」を、
2017年11月上旬より発売します。

「CSD-690FHR」は、最新の画像技術をはじめ、安全運転支援機能にも対応した新機能を搭載したドライブレコーダーです。
特に、ドライブレコーダーは事故があった時の記録として利用している人も少なくなく、「肝心な時にしっかり機能する」ことが品質に求められる。そこで、設計から基板実装、組み立てまで、すべて国内の自社工場で生産し、品質向上を図っている。さらに、修理までを自社で対応する体制を構築。ドライバーの「安心」「安全」をサポートする商品です。
【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201709296306-O1-46BF2G39
CSD-690FHR 前方と車内を同時に高画質録画できるドライブレコーダー 3年保証 国内自社工場生産。

<新商品「CSD-690FHR」の主な特徴>
1. 前方と車内を同時に録画のツインカメラ
・・・撮影範囲も車内カメラ可動範囲(上下30度)により任意に設定が可能で、暗視性能も
向上しており、赤外線LEDで夜間車内が暗くても明るく撮影できます。
また、車両によってはあおり運転や追突など後方の状況も確認できます。
2. 感動の映像美、安心の高品質
・・・Sony Exmor R CMOSセンサー採用のSTARVISモデルで、録画画質(200万画素)にこだわったドライブレコーダー。 フルハイビジョン撮影だから道路標識や前の車のナンバープレートまではっきり映ります。また、ナイトビジョン搭載で夜間・トンネル内など少ない光量でも映像が記録でき、HDR(ハイダイナミックレンジ)による画像合成技術で急激な明るさの変化が発生しても、白とびや黒つぶれを低減して録画します。
   *Exmor Rはソニー株式会社の登録商標です。*STARVISはソニー株式会社の登録商標です。
3. 安全運転支援機能
・前車発車警告・・・前の車の発車を知らせます。
・車間距離保持警告・・・前車との適正距離が保持できるように、一定距離(30m)になると
警告します。
・車線逸脱警告・・・走行中に車線を逸脱すると警告します。
*相互通信対応レーダーディテクターと接続する必要があります。
4.パーキングモード搭載
・・・駐車中の車上荒らしやいたずらをしっかり監視・記録します。エンジンOFF(ACC)で最大12時間の録画に対応します。駐車中の録画にも対応。
(オプションの常時電源コードGDO-10が必要です。※最大12時間録画するには、オプションの32GB以上のmicroSDカードが必要です。)
5.microSDカードのメンテナンスフリー
・・・設定した録画画質によってmicroSDカードにセルスター独自のファイルシステムが適用されます。このシステムでは録画ファイルの断片化を無くし、エラー発生率を低減するので定期的なフォーマットが不要です。
6.国内自社工場、自社生産による日本製で「安心の3年保証」
  ・・・製品開発、設計、生産から品質管理まで、セルスターだからできる、技術に裏打ちされた
確かな品質、すべて国内の自社工場で行なっています。

<製品概要>
・品名:ドライブレコーダー「CSD-690FHR」
・希望小売価格:オープン
・[販売方法/販売店情報]:カー用品店、契約代理店、ネット販売、等
・発売日:2017年11月上旬

・「CSD-690FHR」についての詳細はこちら:
http://www.cellstar.co.jp/products/recorder/csd/csd-690fhr.html
【セルスター工業株式会社について】
http://www.cellstar.co.jp/
1978年(昭和53)創業
〒242-0002  神奈川県大和市つきみ野7-17-32
TEL:046-273-1100(代) FAX:046-273-1106
☆関連リンクURL:http://cellstardirect.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
セルスター工業株式会社 営業部 マーケティング課  小川
TEL:046-273-1100 
(☆受付時間:土日祝日を除く 9:00〜17:00)
E-mail:h-kogawa@cellstar.co.jp

※本ニュースリリースに記載された内容は掲載現在のものです。その後変更される場合があります。