メキシコに現地法人を設立

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年11月1日

株式会社ミスミグループ本社

メキシコに現地法人を設立
米州事業の更なる拡大を目指し、2018年4月より本格的に営業展開

 株式会社ミスミグループ本社(本社:東京都文京区、代表取締役 CEO:大野龍隆)はこのたび、米州事業の更なる拡大を目指して、域内で今後も高い市場成長が見込まれるメキシコ市場に本格参入することといたしました。メキシコに現地法人を新たに設立し、ミスミの強みである「確実短納期」を軸としたオペレーション体制を構築、2018年4月より本格的な営業展開を開始いたします。

【現地法人設立の背景】
 近年、メキシコでは安価な生産コストを背景に、自動車関連を中心としたメーカーの進出が続いております。また、2000年以降は北米市場向けの生産強化を目的に、日系企業も現地への投資を積極化させております。しかしながら、現地では製造装置や部品、生産間接材などを一元的に供給できる企業が存在しておらず、メキシコへの進出企業からはそれらの調達を効率化したいというニーズが高まっておりました。ミスミではこうしたニーズに応えるため、今般新たに日系企業の工場も多数集積している中央高原部のケレタロ市に現地法人を設立することといたしました。
同社においてはFA部品、金型部品に加えてエレクトロニクス部品、工具、工場副資材などのMRO品を含む様々な商品を扱うことで、お客さまの幅広いニーズにお応えいたします。また、社内には物流倉庫を合わせて設置することにより、確実短納期でお客さまに商品をお届けできる体制を強化いたします。

 今般の体制強化により、当社商品のメキシコ配送については在庫品が最短で1日出荷、日本からの輸出品については従来比で最大10日間程度の短納期化を実現いたします。今後もミスミQCT(高品質、低コスト、確実短納期)モデルをさらに発展させることでメーカー事業を強化するとともに、他社ブランド品を扱う流通事業VONAについても品揃えを順次拡大し、メキシコのものづくりの現場における生産材調達の非効率解消に貢献してまいります。

【メキシコ現地法人の概要】
会社名    MISUMI Mexico S. de R.L. de C.V. 
所在地    ケレタロ州ケレタロ市
出資者名   MISUMI USA (99%), MISUMI Investment USA(1%)
資本金    4.5億円
従業員数   30名(予定:2018年4月時点)
事業内容   FA部品・金型部品・生産間接材の製造・販売