ビーメックスが本質安全防爆キャリブレータ&コミュニケータ、MC6-Exを発売

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

ビーメックスが本質安全防爆キャリブレータ&コミュニケータ、MC6-Exを発売

AsiaNet 70762

ヤコブスタード(フィンランド)、2017年10月30日/PRニュースワイヤー/ --

ビーメックス(Beamex)が、最先端の本質安全防爆フィールド・キャリブレータ&コミュニケータ、MC6-Exを発売します。

マルチメディア・ニュースリリースをご覧になるには、こちらをクリックしてください:

https://www.multivu.com/players/uk/8204751-beamex-introduces-mc6-ex/

ビーメックスは40年以上にわたって校正機器を開発・製造しており、その中で本質安全防爆プロセス・キャリブレータはすでに30年以上の歴史を持っています。

プロセス工業の多くでは、プラントに「危険区域」あるいは「Ex区域」と分類されるエリアがあります。これはガス、蒸気、粉塵など可燃性物質を含む、または含む可能性のあるエリアで危険区域のある典型的な産業には、化学・石油化学工業、海上・陸上の石油およびガス、石油精製、製薬工業、食品・飲料、エネルギー生産、塗装工場、鉱業などがあります。

技術者が通常のEx用でないキャリブレータを危険区域に持ち込もうとする場合、火気使用作業許可が必要となり、これには時間と労力と面倒な手続きを要します。その後、危険分析を行い、ガス分析器のような余計な安全装置を持ち運ばなくてはなりません。危険区域では、Ex認証を受けた本質安全防爆キャリブレータを使うのが最も安全で簡単な選択です。

現場使用向けの理想的な機器

その様な市場へ向け、ビーメックスがMC6-Exという新型キャリブレータを発売します。

ビーメックスMC6-Exは、ずば抜けた機能性を備えた最先端の高精度キャリブレータ&コミュニケータです。圧力、温度、様々な電気信号用の校正能力を発揮するドキュメンティングタイプの多機能キャリブレータ&コミュニケータです。また、通信機能としてハート(HART)、ファウンデーション・フィールドバス(FOUNDATION Fieldbus)、プロフィバスPA(Profibus PA)機器用のフィールドコミュニケーターも含んでいます。

MC6-ExはIECおよびATEXの認証を受けたキャリブレータで、どのようなExゾーン/ディビジョン、最も厳しいゾーン0/ディビジョン1でも使用できます。認証の分類は、Ex II 1 GとEx ia IIC T4 Gaです。

市販のExキャリブレータや機器の中には、プラント内の全Ex区域に適していないモデルがある事を注意しなければなりません。

堅牢なIP65規格、防塵、防水のケーシング、人間工学に基づくデザイン、使いやすさで、MC6-Exは現場使用向けの理想的機器となっています。

MC6-Exはビーメックス校正管理ソフトで通信を行い、完全オートメーションでペーパーレスの校正と文書化を可能にしました。MC6-Exは、顧客自身のERPシステムにペーパーレスで統合する事も出来ます。

その他の機能:内部ループ電源、最大3つの内部圧力測定モジュールと外部モジュール、タッチスクリーンと多言語ユーザーインターフェースを備えたバックライト付き5.7インチの大型カラーディスプレイ、現場交換可能なスマート・バッテリーパック、ドキュメンティング機能、データロガー機能。また、安全区域において圧力および温度制御装置との通信が可能です。

ビーメックスCEOのヤン-ヘンリック・スヴェンソンは「新型MC6-Exキャリブレータ&コミュニケータを世に出すことができて、非常に興奮しております。これは機能性や使いやすさに一切妥協しない、市場初の本質安全キャリブレータであると感じています」と語っています。

MC6-Exは、本質安全防爆プロセス・キャリブレータの独自の基準を設けています。

ビーメックス社は、プロセス計装に対する最も厳しい要求にも対応するキャリブレーション・ソリューションの世界的大手メーカーです。ビーメックス社は、携帯型キャリブレータから、ワークステーション、キャリブレーション・アクセサリー、キャリブレーション・ソフトウェア、特定業界向けソリューション、そして専門的なサービスに至る幅広い製品とサービスを提供します。ビーメックス社の子会社、支社、および独立系流通業者の広範囲なネットワークを通して、製品とサービスは80ヶ国以上、全世界で1万2000人以上の顧客の方々へ提供されています。

ウェブサイト: http://www.beamex.com


     (写真: http://mma.prnewswire.com/media/586901/Beamex.jpg )


ソース: ビーメックス


(日本語リリース:クライアント提供)