「氷見市と名城大学農学部の連携等に関する協定」の締結について

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
締結式の様子

2017/11/06

富山県氷見市
名城大学農学部

「氷見市と名城大学農学部の連携等に関する協定」の締結について

 氷見市(市長 林 正之)と名城大学農学部(学部長 小原 章裕)は、氷見市においては農林水産業、社会活動及び学校における教育等の活性化のため、名城大学農学部においては研究・教育の進展を得るために相互に連携及び協力することとし、11月6日にその連携等の事項等を確認する協定を締結しました。
 そして、その協定に基づき、その活動の拠点となる「名城大学氷見市連携推進センター」を、富山県教育委員会から氷見市が行政財産使用許可を受けて、氷見市役所に隣接する富山県立氷見高等学校農業実習棟の農業施設実習室に設置を明示する名称の看板を実習棟の入口に設置しました。
 今後、この施設を拠点として、名城大学農学部と氷見市は連携及び協力して、氷見市の地方創生等のための研究や支援などに取り組むとともに、氷見高等学校の生徒の学習機会の拡大等につながる共同研究や講演・講義などについて取り組んでいくこととしています。

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711067623-O1-z1S9PqFT

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711067623-O2-8A6Q6B5t

【画像: http://prw.kyodonews.jp/img/201711067623-O3-S4mOYbs3

【協定等の概要】
1 目的
 氷見市と名城大学農学部が相互に協力し、氷見市においては農林水産業、社会活動及び学校における教育等の活性化、名城大学農学部においては研究・教育の進展を得る。

2 連携及び協力事項
(1)氷見市の特性を活かした地方創生のための研究、支援
(2)名城大学農学部と氷見市民との人的交流の促進
(3)研究を通じた農業分野及びその関連分野の活性化の推進
(4)氷見市の中学校、高等学校の理科・農業分野における教育活性化の推進
(5)氷見市の生涯学習の推進
(6)氷見市と名城大学農学部との共同研究施設の整備

3 協定の締結式
  日時: 平成29年11月6日(月)午前11時
  場所: 氷見市役所B棟2階 センター
  出席者:氷見市     林正之市長、藤澤一興市長政策・都市経営戦略部長
      名城大学農学部 小原章裕学部長 教授、森上 敦協議員 教授、平児慎太郎准教授

4 協定書
  別紙のとおり