立命館大学と小浜市が食教育プログラム実施のための連携協力に関する協定を締結

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年11月14日

立命館大学と小浜市が食教育プログラム実施のための連携協力に関する協定を締結
~「食マネジメント学部」で食科学分野の発展と実践的学習を~

 本日(2017年11月14日)、立命館大学(学長・吉田美喜夫)と小浜市(市長・松崎晃治)は、2018年4月に立命館大学びわこ・くさつキャンパス(滋賀県草津市)に開設する「食マネジメント学部」における食科学分野の発展および教育・研究活動の推進を目的とした連携協力に関する協定を締結しました。
 食マネジメント学部は、「食」を経済学・経営学を基盤に、マネジメント・カルチャー・テクノロジーの三領域から総合的・包括的な学びを提供し、高度マネジメント人材の育成を目指す学部です。今回、連携する小浜市は、飛鳥・奈良の時代に伊勢・志摩や淡路と並んで、朝廷に食を供給していた「御食国」としての歴史があり、伝統ある「食」を総合的に捉えてまちづくりを進めており、この連携を機に、本学は食の分野で実践的な行動力を発揮できる人材を育成するための教育プログラム実施に向けた準備を進めます。具体的には、小浜市をフィールドに、①小浜市における食のまちづくりの推進、②食文化をテーマにした、課題発見・解決型学習などの実践的な学習の展開、③政策に関する共同研究などをともに実施していく予定です。


●吉田美喜夫 立命館大学長(写真左)のコメント
 小浜市は、食をまちづくりや地域振興の中心に据えた政策展開、グローバルな視点から小浜の文化産業をPRされる取り組みを積極的に進められており、食の重要性や食がもたらす幅広い可能性についての認識、グローバルな視点にもとづく取り組みは、本学の学部設置の趣旨と一致しております。今回の協定締結を契機として、さらにこの関係性を強め、新たな教育展開に発展させてまいりたいと考えております。

●松崎晃治 小浜市長(写真右)のコメント
 立命館大学と連携協力することで、小浜市の「食のまちづくり」の取り組みが科学的、客観的に検証されるとともに、抱えている課題解決についても連携して取り組んでいくことを期待します。また、「食」に関心を持ち、情熱溢れる学生や教員の方々が小浜市に足を運んでくださることで、まち全体が新たな刺激と賑わいで活気づくことを期待しています。