INSがブロックチェーンでの食料品ショッピングを目指す - ユニリーバが関心を示したと発表

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

INSがブロックチェーンでの食料品ショッピングを目指す - ユニリーバが関心を示したと発表

AsiaNet 71237 (1905)

【香港2017年11月24日PR Newswire=共同通信JBN】
*食料品配送サービスのInstamartの創業者は毎日のショッピングで最大30%節約し、消費者を支援する

食料品配送サービスInstamartの創業者による新しいグローバルプロジェクトのINSは、ブロックチェーン技術に基づいた分散型の食料品ショッピングのエコシステムを構築する構想を発表した。INSは大手FMCG企業であるユニリーバと拘束力のない了解覚書を締結したと発表しており、6000万ドルを調達する予定。

Photo-https://photos.prnasia.com/prnh/20171124/2000222-1

INSは世界最大の消費者小売市場を破壊している。Persistent Market Researchによると、世界の食料品市場は2020年に8兆5000億ドル規模に成長する。食料品のオンライン販売は、2020年までに3000億ドル以上に達すると見られている。

INS共同創立者兼最高経営責任者(CEO)のピーター・フェドチェンコフ氏は「今の形態の食料品業界は非効率的で、小売業者に管理されている。たとえば英国では7000以上のメーカーがあり、市場の76%を統制する4つの大手食料品小売業者に2500万世帯が依存している。INSはブロックチェーンを利用して卸売業者や小売店舗といった仲介者をなくし、消費者が食料品のショッピングで最大30%節約することを支援する」と述べた。

INSはスケーラブルなブロックチェーンに基づくプラットフォームを構築し、消費者がメーカーから直接、食料品を購入できるようにする。買い物客とサプライヤーの自主規制コミュニティーが運営するオンラインの分散型プラットフォームは購入プロセスから小売業者を排除する。スマートコントラクトは取引を促進し、リスクとコストを低減して両者を助けることに役立つ。どのメーカーも製品の表示や販売をすることができ、顧客フィードバックを得たり、常連客に褒賞サービスを提供できる。最初の了解覚書がFMCGで世界有数のリーダーであるユニリーバと締結された。INSは顧客のための節約に加え、製品価格と表示をメーカーが完全管理する状況を実現するだろう。

▽INSについて
INS(アイエヌエス)は小売業者と卸売業者を経由することなく、スーパーマーケットよりも最大30%低い価格で、顧客が食料品メーカーから直接購入することを可能にする分散型エコシステムである。INSは注文調達プロセスを促進し、メーカーがそこに参加して製品を販売し、ロイヤリティ・キャンペーンを行い、顧客からのフィードバックを得ることを実現する。顧客はこうした製品を注文し、新製品とメーカーに投票することができる。

INSエコシステムは初のスケーラブルなブロックチェーン・ベースのプラットフォームで、消費者が便利に低価格で食料品をメーカーから直接購入することを可能にする。INSエコシステムは消費者利益によって認証され、メーカーからの強いサポートを受けている。

▽問い合わせ先
Mun Shing Cheong
ANX Digital for INS
Tel: 852-2892-2686
anxdigital.pr@anxintl.com

ソース:INS