電通デジタル、Veeva JAPANとパートナー契約を締結

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

2017年12月6日

株式会社電通デジタル
Veeva Japan株式会社

電通デジタル、Veeva JAPANとパートナー契約を締結
―ライフサイエンス業界のデジタライゼーションを支援―

株式会社電通デジタル(本社:東京都港区、代表取締役CEO:榑谷 典洋)は、Veeva Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岡村 崇、以下 Veeva Japan)とパートナー契約を締結し、ライフサイエンス業界のデジタライゼーションに対応したVeevaの各ソリューションの導入・活用支援ソリューションの提供を開始します。

Veeva Japanは、ライフサイエンス業界向けのクラウド型CRMソリューション「Veeva CRM」を提供する米国Veeva Systemsの日本法人であり、Veeva CRMは全世界で200社を超えるライフサイエンス企業に採用されています。

近年、ライフサイエンス業界では、訪問規制の強化や医療従事者を取り巻く環境変化に伴い、リアルな医師との接点が取りづらくなり、デジタル接点の有効活用が急務となっています。特にデジタルチャネルとリアルチャネルの活動をデータ化し、相互のチャネルで有機的に利用することで、最適な情報提供を実現できるような、仕組み・体制づくりが必要となっています。
そこで、電通デジタルとVeeva Japanは、当パートナー契約締結により、電通デジタルが得意とするデジタルチャネルと、Veevaが得意とするリアルチャネルの活用を統合したソリューションの提供を可能としました。

電通デジタルでは、電通グループ内のマーケティング手法を結集・高度化した"人"基点の統合フレームワーク「People Driven Marketing®」(ピープル・ドリブン・マーケティング)を活用した、より高度で精緻なプランニングと施策開発力を強みとしています。ライフサイエンス企業に対しても、電通デジタルの特徴である「コンサルティング」「開発・実装」「運用・実行支援」の統合的なソリューションを提供しています。
この度のパートナー契約締結により、特に、Veevaの各ソリューションの円滑な導入・定着化に必要な組織横断型プロジェクト推進や、Veeva CRMが得意とするリアル営業活動とマーケティングオートメーションとの連携構築、リアルとデジタルの接点で生まれるデータの活用基盤整備、AI活用による意思決定支援など、デジタルとリアルをシームレスに連携する各種ソリューション展開を想定しています。

さらに、株式会社電通や株式会社電通メディカルコミュニケーションズ(http://www.dentsu-mc.co.jp/)など、電通グループの豊富なメディカル知見を持つスタッフとナレッジを活かし、密接に連携しながら、ライフサイエンス企業各社の新しいビジネスの在り方に貢献する提案を行っていきます。

<Veeva Systems社について>
Veeva Systems社は、サンフランシスコのベイエリアに本社を置き、ヨーロッパ、アジア、ラテンアメリカに拠点を展開する、グローバルなライフサイエンス企業向けにクラウドベースのソフトウェアを提供するリーディングカンパニーです。世界最大規模の製薬会社からバイオテクノロジー分野の新興企業まで550社を超える顧客を擁し、技術革新への取り組みや卓越した製品力によって、お客様の成功をサポートしています。

<Veeva JAPANの会社概要>
会社名:Veeva Japan株式会社
本社所在地:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー5階
代表者:代表取締役 岡村 崇
設   立:2011年5月
事業内容:・ライフサイエンス業界に特化した革新的なクラウドベースのアプリケーションを提供
     ・顧客成功第一に掲げたシステム導入および保守サポート
     ・卓越したパートナエコシステムを活用しお客様により高い価値を提供
URL:https://www.veeva.com/jp/